公認会計士試験に合格しやすい人・向いている人、その特徴を徹底解説!

今回は、公認会計士試験に合格しやすい人、向いている人について、説明していきます。

公認会計士試験の学習開始時期は20代

まず、勉強を開始する年齢は、学生時代か、遅くとも25歳ぐらいまでがお勧めです。

その理由は、いくつかあります。

一つ目は、公認会計士の勉強は、2年間程度の期間まとまった時間を取れる人の方が圧倒的に有利です。そのような時間が取れるのは、学生時代か、20代前半の人が多いためです。

二つ目は、年齢を追うごとに記憶力が低下するため、若いうちの方が効率的に学習できるという側面があるからです。

三つ目は、監査法人の給料は、年齢に関係なく初任給は500万円程度で同一ですので、若くして合格したほうが、高収入のメリットを享受することができるという点です。仮に、30歳で前職を辞めて合格した場合には、多くの場合、最初は給料が下がってしまうことになるためです。

公認会計士試験に合格者しやすい人は、“努力を継続して出来る人”

次に、どのような能力を有している人が向いているかですが、結論から言うと、努力を継続して出来る人に向いている試験であると言えます。これは合格者の人の大部分が言うことですが、公認会計士試験は、継続して努力を出来る人であれば、だれでも合格することができる試験だと言われます。

しかし、公認会計士は出題範囲も広く、通常は2年以上の勉強が求められるため、合格に必要な努力を継続することが容易ではないのです。これが難関資格と言われる一番の理由なのです。

また、事前に簿記等の学習をしたほうがよいのではないかと思っている方も多いですが、そんなことは全くないです。合格者の多くが会計の知識が全くない状態から学習をスタートしています。

CPAのような資格取得支援スクールも、既存の知識が全くない状態の方を対象にして、講義を行っているため、安心してもらいたいと思います。

逆に、独学で簿記を学習してしまうと、正しい理解が疎かになり、公認会計士の勉強にマイナスになることも多いです。そのため、公認会計士を目指すことを決意したのであれば、資格取得支援スクールで勉強を開始することがお勧めです。

このように、公認会計士試験は、努力を継続さえできれば、誰でも合格できる試験ではありますが、合格後に公認会計士として求められる能力は、高度な会計に関する専門知識以外にも色々あります。

例えば、クライアントと信頼関係を築くためには、コミュニケーション能力・誠実さが必要であり、さらに、クライアントの問題点を把握し、改善するためには、分析力や論理的思考力も求められます。

また、近年のグローバル化に伴い、海外へ進出する企業も多いため、語学力も必要になる場面が増えています。

この中で特に公認会計士として必要な能力は、分析力や論理的思考力といった、数字を分析し、考える力です。

そのため、数学ができる必要性はないですが、数字が好きな人が向いている資格と言えます。

なお、語学については、合格時に習得している必要はないので、合格後に語学の学習を行ってもらえれば問題ありません。

一般に医者・弁護士・公認会計士のような、士業の人は語学が苦手な人が多いので、語学を習得するだけでも、他の公認会計士に比べ、差別化になります。


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する