1発
合格

CPAなら在学中に合格できると思い入学しました! ---稲原 聡子さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は大きく2つあります。

1つ目はは講師の先生方やチューターさんの雰囲気がよかったところです。

私が予備校を悩んでいたときに講師の先生方が親身に相談にのってくださり人の温かさを感じました。

私は人見知りで講師の先生方やチューターさんに質問に行くことができるのか不安でしたが、そのようなことを感じさせないアットホームな雰囲気に惹かれました。

2つ目は大学在学中の合格率の高さです。 公認会計士という職業は三大国家資格のうちの一つであると聞いていたので本当に自分が合格することができるのか不安でした。

しかしCPAの合格率の高さを見て、ここでなら大学在学中に合格することができるかもしれないと思いCPAに決めました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は2つあります。

1つ目は教材や講義の質の高さです。 CPAのテキストは他の予備校に比べ図や説明が多く、視覚的にとらえることができたため内容の理解がしやすかったです。

公認会計士試験の試験範囲は膨大ですがCPAのテキストでは重要性が付されており、強弱をつけて効率的に勉強することができました。 そして講義では答えにいたるまでの過程を丁寧に教えてくださり、理解がしやすく学習効率が上がりました。

2つ目は講師の先生方やチューターさんがいつでも質問や相談に乗ってくださるところです。 自分の進捗や成績で不安になったときに親身に相談に乗ってくださりすごく支えてもらいました。

そしてわからないところがあったらすぐに質問することができ、その場で解決できるところもよかったです。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、公認会計士という資格を取得すれば様々なライフイベントが訪れた時にも柔軟に対応することができるところに魅力を感じたからです。

私は附属高校出身であったため大学受験の勉強をしてこなかったので、大学に入ってから一般受験で大学に入られた方と比べ自分に特に秀でた能力がなく将来に不安を感じていました。

ちょうどそのころに高校で公認会計士試験合格者のお話を聞く機会があり、その時に初めて公認会計士という職業を知りました。

公認会計士はワークライフバランスを重視し、女性にとってとても働きやすい環境であるところに魅力を感じました。 私は大学生活で何かを成し遂げ自分に自信をもって社会に出たいと思っていたので、自分の強みを生かすことのでき、そしてこんなにも魅力的な職業は公認会計士しかないなと思い目指すことに決めました。

学習で苦労した点や工夫した点

公認会計士試験は科目数が多く、知識を維持し続けることに苦労しました。しかしCPAでは理解を重視した学習方法であるので知識の定着を図ることができてよかったです。

これから公認会計士を目指す方へ

公認会計士の勉強は長丁場で壁に当たることもあると思いますが、合格した時の喜びや達成感は一生の宝物になると思います。自分を信じて頑張ってください!応援してます。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する