論文試験後 経験者向けキャンペーンはこちら

公認会計士試験を始める前に知っておきたい合格までの年数と勉強時間

今回は、公認会計士試験に合格するために必要な年数と勉強時間について、説明していきます。

公認会計士試験合格までの年数は?

公認会計士の試験に合格するまでの年数は、平均して2年~4年程度と言われています。

毎日猛勉強をすれば1年間で学習可能であるが、実際には、2年間を必要とする認識しておいてもらうのが無難です。

中には、1年間で合格する天才的な人もいますが、そういう方は、合格者全体の10%未満の例外です。なので、多くの人は、そういう伝説的な武勇伝を参考にしても仕方がないと思いますので、まず、2年間という勉強期間は覚悟することが大切です。

以前、金融庁が取ったアンケートによると、2年間の勉強で合格する方が、短期合格の王道でした。合格者の割合は、2年間が20%、3年間が50%、4年以上が25%程度という結果でした。

なので、大学1年生から勉強を開始し、大学3年生か4年生で合格する人や、就職活動前後の大学3・4年生や社会人になってから勉強を開始して、卒業1年目から3年目で合格するというのが一般的な合格者像となります。

公認会計士試験はトータルで何時間勉強するの?

次に、公認会計士の試験に合格するために必要な勉強時間は、最も少なくて3,000時間と言われています。

これは1年間に換算すると1日10時間で300日になります。確かに、1年間で合格する方はこれぐらいの勉強時間が一般的です。つまり、1年間で合格をしようと思ったら、毎日勉強漬けの生活を覚悟しなければいけません。

対して、2年間で合格する方は、合計では4,000時間以上勉強しているのが一般的です。1年目は1,500時間、2年目は2,500時間ぐらいの勉強時間が目安になると思います。

あくまで一般論であるので、もっと短い勉強時間の人もいれば、3年・4年と勉強し、5,000時間を超える人もいるのが現実です。

なので、公認会計士を目指すと決意した以上、3,000時間以上の勉強は必要だと認識しておいてもらいたいところです。

社会人は100,000時間以上働く?勉強の3000時間は費用対効果が高い?

ここで、3,000時間以上の勉強と聞くと、そんなに勉強しないといけないのか、大変だなと思うかもしれません。しかし、社会人になれば、毎年2,000時間~2,500時間程度を仕事に費やし、それを40年~50年続けることになる。そう考えると、若い時の3,000時間~4,000時間程度の勉強で、将来の可能性を大きく広げることができる公認会計士の資格を取ることは費用対効果が高いといえるのではないでしょうか。

長い社会人生活でやりがいのない仕事を毎日10時間、40年・50年継続することは相当な忍耐を要します。どれだけやりがいのある仕事をやるかで、人生の充実度は大きく変わりますので、学生時代の2年間を費やす価値は十分にあると思います。


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する