チューターも講師に劣らない知識量で私の疑問にすぐに答えてくださり、とても助かりました。 ---大滝 康平さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は、質問環境が整っていたためです。
地方に住んでいたため、直接対面で質問することが難しく電話で質問がしやすい予備校を探していました。CPAは予約を取れば講師に電話で相談でき、チューターであればいつでもすぐに対応してくれるのでCPAを選びました。チューターも講師に劣らない知識量で私の疑問にすぐに答えてくださり、とても助かりました。

また、全ての論点に重要性が付してある点も魅力に感じました。重要性が付されていないと、あまり出題されない細かい論点や、出題はされるが難しすぎて誰も取れない埋没論点に勉強時間を割くことになり、効率が低下するので、論点に重要性が付してあることはCPAへ移籍する理由の一つになりました。

CPAの良かった点

CPAで特に良かった点は監査論と租税法の教材と講義です。
監査論は難しい論点が多く、前の予備校ではあまり理解できずひたすら暗記しようとしていたことから時間もとられ効率が悪かったです。CPAへ移籍してからは、松本先生の監査論の講義が非常にわかりやすく、しっかりと理解でき合格につながりました。

租税法では回転教材が明確でその目安も先生が指示してくれたので、稼ぐべき租税法で高い点数が取れたことはCPAの良さだと思います。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を志した理由は2つあります。
1つ目は会計士の活躍できるフィールドの広さに魅力を感じたためです。会計の知識は経営において不可欠であり、企業の環境や状況に応じた会計の知識を身につけることは自らの可能性の幅を広げることに繋がり、将来的に会計の知識を活かし多種多様な業界で活躍できる人材になれると感じたためです。

2つ目は自らの成長に繋がると考えたためです。難関資格である公認会計士試験に合格するためには継続力や忍耐力、タスク管理能力等様々な能力が求められます。合格後も日々の研鑽が求められることから、自己を常に成長させられると考え公認会計士を志しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

わからないことがあったらそのままにせず、すぐに質問するようにしてください。公認会計士試験は範囲が膨大で暗記で対応できる試験ではありません。
CPAの充実した質問体制をフル活用して、疑問点はすぐに解決し、最短で合格を掴んでください。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する