公認会計士試験に何が何でも合格したい方必見!5月短答式試験後のネクストステップ!キャンペーン

公認会計士試験に何が何でも合格したい方必見!5月短答式試験後のネクストステップ!キャンペーン
  1. ホーム
  2. 公認会計士講座
  3. 【解答解説動画&ボーダー予想】令和6年 公認会計士試験 第Ⅱ回 短答式試験 受験生応援キャンペーン
  4. 公認会計士試験に何が何でも合格したい方必見!5月短答式試験後のネクストステップ!キャンペーン

公認会計士試験に何が何でも合格したい方、他校や独学で学習している方必見!
2023年公認会計士試験CPA合格者占有率50.9%*に達した秘密を大公開する、「5月短答式試験後のネクストステップ!キャンペーン」を実施します!

8月の論文式試験に向けて勢いを落とさず駆け抜けたい方にも、12月の短答式試験で挽回を目指す方にも大きなヒントとなる、期間限定のキャンペーンです!
CPAのトップ講師が、合格するために必要な情報や高い合格実績を誇るCPAの魅力をお伝えする対談形式のオンラインセミナーを実施しています。

また、CPAの強みの秘訣が分かる短編動画13選CPAの教材をお試しで使用できるWebテキストプレゼント【受験経験者向けコース20%OFF】の価格でお申し込みができる受験生応援キャンペーンを実施しています。

次回の試験合格を目指すためにも、ぜひCPAをご活用ください!

※合格者占有率算定方法について

※ CPA会計学院公認会計士試験合格者数786名は、2023年合格目標の初学者または再受験者対象のCPA本科コースを受講した方のうち、論文式試験に合格された方を対象としております。
※ 全体合格者数は、公認会計士・監査審査会「令和5年公認会計士試験の合格発表の概要について」に記載の論文式試験合格者数をもとに記載しています。
※ 令和5年公認会計士試験合格者数に占めるCPA会計学院公認会計士講座本科生論文式試験合格者の割合で算出をしています。

公認会計士試験合格を目指す皆さまへ 受験生応援ウェビナー開催!

短答式試験後の受験生から多く寄せられるご質問にお答えします!

会計士受験生向け!お得なキャンペーン開催中!

模範解答×短答ボーダー予想動画×Webサーベイはこちらから!

目指せ合格!CPAの強みとスクール選択のポイントを解説!
〜植田講師×松本講師 徹底対談〜

5月短答受験生必見!公認会計士試験合格に向け、全ての受験生に向けてお送りするイベントとなります。

多くの受験生を合格に導いてきた2名のトップ講師が本気で語るCPAの受験経験者向けコースの特徴、CPAの魅力や強み、予備校移籍の際のポイントなど皆さんが気になることに何でもお答えします!

CPAのトップ講師がNGなしでお届けしますので、ぜひ皆様のご参加お待ちしております。

※本イベントは現在CPA以外の予備校や予備校に所属せず学習している方向けのイベントとなります。CPA会計学院の受講生向けにはオープン面談やガイダンス動画をご用意しております。別途ご活用ください。

お申し込み留意事項

※本イベントは現在CPA以外の予備校や予備校に所属せず学習している方向けのイベントとなります。
個人情報の取扱いに同意の上、お申し込みください。
※お申し込み後、ご入力いただいたメールアドレス宛に受付完了メールをお送りいたします。迷惑メールフォルダに受信されている場合もございますので、一度ご確認ください。
※本セミナーはZoomウェビナーを使用いたします。お申込み及び参加は無料ですが、通信料は別途お客さま側でのご負担となります。
※本セミナーで使用する資料のダウンロードはできません。
※本セミナーでの録音及び録画は禁止いたします。
※本セミナー実施中、チャット機能を用いてご質問を受け付けておりますが、時間の都合上すべての質問に回答できない場合がございます。予めご了承ください。
※本セミナーは定員設定はございません。ただし、想定以上に多数の方にご参加いただいた場合、一時的にZoomウェビナーへの接続が困難になる可能性もございます。
※イベント内容が一部変更される可能性がございます。予めご了承ください。

セミナー内容


まずは冒頭で5月短答式試験を振り返りながら、次の12月短答式試験に向けて何をしていくべきか?などを植田講師・松本講師が対談形式で受験生の皆様に情報をお届けします!

同時に皆様からのご質問も受け付けておりますので、【CPAの強み】【予備校移籍について】【合格に向けて】などなんでもお聞き頂けます。

※ZoomのQ&A機能を使用しますので、カメラ・マイクもオフのまま安心して質問相談ができます。この貴重な機会を是非ご利用ください!

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催形式

オンライン開催(参加費無料)
※Zoomウェビナー形式で実施いたします。

担当講師

植田 有祐

CPA会計学院 公認会計士講座 財務会計論・管理会計論・経営学
植田有祐 講師

  • 2005年 同志社大学経済学部 卒業
  • 2008年 公認会計士試験 合格
  • 2008年 大手監査法人入所
  • 2015年 植田公認会計士税理士事務所 設立
  • 2015年 関西大学会計大学院 特任准教授 就任
  • 2020年 6月よりCPA会計学院講師として財務会計論・管理会計論・経営学を担当
  • 2021年 野原監査法人 設立
松本 裕紀

CPA会計学院 公認会計士講座 監査論
松本裕紀 講師

  • 2005年 関西大学商学部 卒業
  • 2005年 公認会計士試験 合格
  • 2005年 大手監査法人入所
  • 2007年 同事務所退所後、予備校講師&個人投資家生活スタート
  • 2017年12月よりCPA会計学院講師として監査論を担当

実施日程

2024年5月28日(火)18:00-19:30

お申込み方法

下記リンクよりお申込みください。

セミナーは終了いたしました。
お申し込みいただき誠にありがとうございました。


知りたいことがすぐ知れる!CPAの強さの秘訣がわかる短編動画13選

CPA会計学院が受講生の皆様に提供しているサービス、圧倒的に高い合格実績を出し続けている理由、今後のカリキュラムやおすすめコース、講義や教材の特徴など、受験生にとって知りたい情報を短い動画にして公開しています!
どの動画もすぐ視聴できるものばかりなので、是非ご覧ください!

短編動画13選の内容

  1. 質がまったく違う!CPAの教材の3大ポイント
  2. CPAといえばこれ!超強力!講師・チューター質問相談フォロー
  3. 効率よく悩みを解消できるオープン面談!予約不要の論点質問部屋!
  4. 自分のペースで解決!自立した学習ができるCPAの学習ガイド!
  5. 実力アップに直結!公認会計士試験合格に導く充実の学習サポート!
  6. 8月論文合格を勝ち取るために! ~学習戦略・コース編~
  7. 8月論文合格を勝ち取るために! ~講義・教材編~
  8. 12月短答合格を勝ち取るために! ~学習戦略・コース編~
  9. 12月短答合格を勝ち取るために! ~講義・教材編~
  10. 入会後、迷わず学習に打ち込める!まずやってほしい4Step
  11. 全国47都道府県に展開!CPAの充実した学習環境!
  12. CPAではここまでやります!受験生に寄り添ったキャリア相談・キャリアサポート
  13. 生涯、支援し続けます!合格後も大満足のサポート体制!

また、学習経験者の皆様から頂くよくある質問をQ&A形式で公開しています。こちらも併せてご確認ください。

短答式試験後の受験生から多く寄せられるご質問
Q1.24年5月の短答式試験において、ボーダー予想付近の成績でした。今後、どうしたらよいのでしょうか?

A1.

合格発表日までは8月論文に向けた学習を行うことをおすすめします。詳しくは、ボーダー予想動画において、ボーダー付近の方の今後の学習方針を説明しておりますので、こちらをご確認ください。

Q2.24年5月の短答式試験を受験しましたが、合格発表日までの過ごし方はどのようにすればよいのでしょうか?

A2.

合格発表日までの過ごし方につきましては、短答式試験の自己採点の結果により大きく異なります。そのため、まずは解答速報をご覧いただき自己採点を行うか、Webサーベイにご登録ください。また、CPA会計学院では、5月29日(水)にボーダー予想動画を公開する予定です。こちらの動画において今後の過ごし方を説明しておりますので、是非ご確認ください。

8月論文合格を勝ち取るために! ~学習戦略・コース編~
12月短答合格を勝ち取るために! ~学習戦略・コース編~

Q3.ライブ講義はありますか?

A3.

受験経験者向けのコースの講義は全てWeb講義となります。受験経験者の方は学習状況によって、受講する講義や科目の優先順位が異なるため、レギュラー講義、圧縮講義、短答対策講義、論文対策講義など、自身に必要な講義をお好きな時にご視聴できるようにしています。 なお、講義ではありませんが、講師オープン面談はオンライン上に受講生が集まってライブで講師がレクチャーを行います。

効率よく悩みを解消できるオープン面談!予約不要の論点質問部屋!
Q4.CPAと他の予備校との違いは何ですか?

A4.

他の予備校様と比較して、CPAの強みと考えている点は以下の通りです。

① 講義の種類の豊富さ
② 網羅性と重要性を追求した教材
③ 理解を最も重視した講義
④ 強力な質問・相談体制(対面・電話・Zoom・CPAバーチャル校・メール)
⑤ 多種多様な学習サポートサービス(講師オープン面談・CPAバーチャル校・ガイダンスなど)の提供
⑥ 論文答練後の「講師1:受講生多数」のフォロー(講評動画、答案分析セミナーなど)
⑦ 通学生でもWEB講義が受講可能

Q5.他の予備校からCPAに入学する場合、テキスト等の教材は今までの予備校の教材かCPAの教材、どちらを使うべきでしょうか?

A5.

講義を受講する科目についてはCPAの教材を使用してください。 一方、講義を受講しない科目でかつ大きな改正のない科目につきましては、今まで所属していた予備校様の教材を使用して頂いて問題ありません。

質がまったく違う!CPAの教材の3大ポイント
Q6.他の予備校からCPAに入学しCPAの教材に切り替る場合、様々な対策は試験までに間に合うのでしょうか?

A6.

CPAでは、全ての講義を受講したとしても9月末までにインプットは終了するカリキュラムになっておりますので、ご安心ください。また、短答科目のすべての講義を一から受講し直すことはせず、理解が不足している論点や苦手な論点を把握し、その論点を解説している講義を中心に視聴する方もいらっしゃいます。よって、講義の視聴で手いっぱいになってしまい、試験対策が間に合わない受講生は多くありませんので、ご安心ください。 また、まっさらな教材の加工が間に合うかという相談も受けることがありますが、講義を受講する科目は講義の受講に合わせて教材の加工を行います。例えば24年12月短答を受験する方であれば、24年9月末までにある程度加工が済んでいれば問題ありません。つまり、教材の加工作業に使える時間は十分にありますので、ご安心ください。

なお、CPAでは講義によっては重要な部分にマーカーが引いてあるPDFデータが公開されております(全講義ではない点、予めご了承ください)。こちらを活用すると、講義を受講していない論点についてもどこが重要かを把握できるとともに、素早く教材の加工作業を行うことができます。

質がまったく違う!CPAの教材の3大ポイント

Q7.24年5月短答受験後、どの科目から学習すればよいのでしょうか?

A7.

どの科目を優先して学習するかは、受験生の皆様の学習状況、短答に合格しているか否か、学習に使える時間等によって異なってきますので、一概に答えることができません。
CPAに入学後、講師オープン面談に参加する、もしくは講師の面談予約をして、講師に直接相談することをおすすめします。

CPAといえばこれ!超強力!講師・チューター質問相談フォロー
効率よく悩みを解消できるオープン面談!予約不要の論点質問部屋!
自分のペースで解決!自立した学習ができるCPAの学習ガイド!
8月論文合格を勝ち取るために! ~学習戦略・コース編~
Q8.CPAの答案練習は他校と比べると数が少ないように思えますが、大丈夫でしょうか?

A8.

答練が多すぎると、知識の習得や整理、答練後の分析や答練対策に十分に時間が取れず、思うように実力を上げることができなくなってしまいます。このため、CPAでは現在提供している答練の数が最適と考えています。
また、CPAでは質の高い問題を多数掲載している問題集を提供させて頂いておりますので、(答練に加え)問題集をしっかりと解いていただくことで、十分なアウトプット力を身に付けることができます。

Q9.24年12月短答受験に向けて、どの講義を見ればいいのか、迷っています…

A9.

短答を受験される受講生の皆様につきましては、圧縮講義か短答対策講義の受講がおすすめとなります(両方を受講する必要はありません。どちらか一方を受講していただければ十分です)。

また圧縮講義と短答対策講義のうち、どちらを選択するかは受講生の好みによる面が大きいため、選択に迷う場合には各講義を部分的に視聴して、自分に合った講義を選択してください。

12月短答合格を勝ち取るために! ~学習戦略・コース編~
12月短答合格を勝ち取るために! ~講義・教材編~
入会後、迷わず学習に打ち込める!まずやってほしい4Step
Q10.計算科目の下書きがCPAと他校で違うことはありますか?

A10.

違うことはあります。また、CPAの中でも、講師によって下書きが違います。計算科目は結論の数字を合わせることが重要になりますので、どのような下書きでも問題ありません。様々な下書きを参考に、自分に合った下書きを見つけてください。

Q11.論文式試験において免除科目があります。免除科目は免除申請した方がよいのでしょうか?

A11.

免除科目は受験を免除する(受験しない)ことをおすすめします。ここで、免除科目になった科目は得意科目であることが多いため、得意科目の受験を免除することをためらう方が一定数いらっしゃいます。しかし、免除科目があると、それ以外の科目に多くの時間を費やせる結果、免除科目以外の科目の実力を大きく引き上げることが可能ですので、是非、免除科目は受験を免除してください。


また、免除科目が多く、実際に受験する科目が2科目など少ない場合には、免除科目の受験を免除しない(受験する)という選択肢もあります。こちらは非常に重要な意思決定となりますので、この場合にはCPAに入学後、講師の面談予約をすることをおすすめします。

Q12.通学講座での受講を希望しているのですが、家の近くにCPAがありません。通信講座でも大丈夫でしょうか?

A12.

CPAでは通学生と通信生の垣根はほとんどなく、同様のサービス(質問相談サポート、その他学習サポート)を受けることができます。

また、CPAバーチャル校を活用することで、自宅からでも実際の校舎に通っているかのように質問相談ができたり、答練の受験や自習をすることができます。さらに、お住いのお近くにある提携有料自習室を割引価格でご利用いただくこともできます。このようなサービスを活用することで、通信生でも集中できる環境で学習を進めることができます。

全国47都道府県に展開!CPAの充実した学習環境!
CPAではここまでやります!受験生に寄り添ったキャリア相談・キャリアサポート
Q13.合格後(または合格できなかった場合)のキャリア支援はありますか?

A13.

CPAでは主に4つのキャリア支援を行っています。公認会計士試験を合格している、していないに関わらず、非常に充実したキャリア支援となっていますのでご安心ください。

①学習/キャリアサポーターへの個別相談
1対1の個別相談をすることができます。30分枠を事前に予約いただいております。

②キャリア支援部主催のオープン面談
毎月、様々なテーマでキャリアに関するオープン面談を開催しています。

③CPAネクスト
学習との両立がしやすい仕事や、会計知識を活かせる仕事など、正社員・アルバイトに関する求人情報を受講生専用サイトに掲載しています。

④CPASSキャリア
転職/就職することを決めた方には、皆様の気持ちに寄り添うCPASSキャリアがしっかりサポートしております。

CPAではここまでやります!受験生に寄り添ったキャリア相談・キャリアサポート
生涯、支援し続けます!合格後も大満足のサポート体制!
Q14. 効率よく必要な部分に絞って学習することはできますか?

A14.

短答科目のすべての講義を一から受講し直すことはせず、理解が不足している論点や苦手な論点を把握したうえで、その論点を解説している講義を中心に視聴し、合格を勝ち取る方も一定数いらっしゃいます。この点、CPAでは、Web講義にてご自身の好きな時間に苦手な論点を扱っている講義を視聴することができるので、効率よく学習することができます。

なお、CPAでは講義によっては重要な部分にマーカーが引いてあるPDFデータが公開されております(全講義ではない点、予めご了承ください)。こちらを活用すると、講義を受講していない論点についてもどこが重要かを把握できるとともに、素早く教材の加工作業を行うことができます。

質がまったく違う!CPAの教材の3大ポイント

Webテキスト・問題集 各科目 1冊目 プレゼント


CPAの教材は、3つの特徴があります。

  1. 重要性 A・B・C(本試験出題可能性)を全科目のテキスト/問題集に明示!
  2. 根本にある考え方を丁寧に記載しているため全体像が見え、理解が深まる!
  3. 豊富な図解で理解を強化するためのイメージが容易に!

上記の3つの特徴から、限られた時間内でも効率的に学習を進めることが可能です。

Webテキスト形式で全科目1冊目を無料で閲覧いただけます!
お申し込みいただいた方にはメールにて閲覧用のURLをお送りします。お申込み後すぐに閲覧可能です。

※各教材は25/26年目標または、2024年合格目標のものとなります。
※経営学 試験委員対策集につきましては教材発刊前のため、2023年目標のものを公開しております。予めご了承ください。
※無料Webテキスト閲覧のお申込み、および閲覧期限は2024年6月末までです。

お申し込み留意事項

※ お一人様1回限りのキャンペーンとなります。
個人情報の取扱いに同意の上、お申し込みください。
※ お申し込み後、ご入力いただいたメールアドレス宛に受付完了メールをお送りいたします。迷惑メールフォルダに受信されている場合もございますので、一度ご確認ください。
※ 同一のメールアドレス、パソコン、スマートフォン、ネットワークでの複数回のお申込は無効とさせていただきます。ご了承ください。また、同一人物と見受けられる方からの複数回のお申込は自動的に無効とさせていただきます。

CPAのWebテキストの特徴

①スマホ・タブレットひとつで見られる
通勤通学などのスキマ時間を有効活用できます。

メモ付箋機能
重要箇所に付箋を貼りメモを加えることができます。
付箋を貼ったページは一覧にすることもできるので、効率的に復習できます。

③マーカー機能
重要箇所に線を加えることができます。
重要箇所を強調することでより強弱をつけて学習できます。

④検索機能
検索したい用語を入力すると、その用語が掲載されているページに飛びます。
論点や言葉をテキスト全体から横断的に一覧できるので、知識をより深めることができます。

※Webテキストはストリーミング形式です。データ通信料はお客様のご負担となります。
※Webテキストのデータはダウンロード及び印刷はできません(本来は可能ですが、今回の無料プレゼントでは制限しております)ので予めご了承ください。
※キャンペーン教材に関してのご質問はお受けできません。
※閲覧期限は2024年6月末までとなります。

期間限定 受験生応援キャンペーン

2024年07月07日()まで! 期間限定の受験生応援キャンペーン

いまなら通常価格から、20%OFFの価格で受講を開始できます!

実施期間: 2024年05月27日(月)〜2024年07月7日(日)

上級総合Wチャンスコース*

期間限定
定価 480,000円 384,000

上級総合ストレートコース*

期間限定
定価 470,000円 376,000

※上級総合Wチャンスコースは、2024年12月短答/2025年05月短答/2025年8月論文合格目標の受験経験者向けコースです。
※上級総合ストレートコースは、2025年05月短答/2025年8月論文合格目標の受験経験者向けコースです。

令和6年 公認会計士試験 第Ⅱ回短答式試験

解答速報・解説動画・解答解説 【本試験当日05月26日(日)】 より順次公開予定です。下記リンクよりご確認ください。

本試験Webサーベイのご案内

リアルタイムでご自身の点数、科目平均点、得点分布、順位などが把握できます。ぜひご活用ください。

Webサーベイ 受付期間、および成績発表スケジュール

受付期間 2024年05月26日(日) 13:00〜2024年06月02日(日) 13:00

※成績表閲覧期限は2024年6月9日(日) 23:59までです。成績表閲覧期限を過ぎますと成績表は閲覧できなくなります。予めご了承ください。

短答ボーダー予想動画

短答ボーダー予想動画は【05月29日(水)】 公開予定です。

ボーダー予想動画の内容

  • 過去の短答式試験と比較した各科目の難易度
  • 今回の受験者数から予想される合格者数・合格ラインの予想
  • 会計士受験生必見!今後の学習の方向性について

下記リンクよりご確認ください。

個別受講相談

CPA会計学院では、経験豊富な専任アドバイザーによる、個別の受講相談を実施しています。

CPA会計学院の特徴や気になる点、カリキュラム、1人ひとりにあった学習方法等、さまざまなご質問にお答えいたします。

CPAでの受講をお考えの方は、ぜひご相談ください。

※CPA受講生は受講生専用サイトの講師との個別相談もしくはオープン面談をご利用ください。