1発
合格

Web上でも講義を受けられるのでいつでもどこでも受講でき、利便性が高く良かったです ---外處 翔大さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は3つあります。1つ目は友人の存在です。大学の近くに予備校がいくつかあり、どの予備校にするべきか悩んでいた時に中学時代の同期が既にCPAで学習をしていることを知り、CPAに決めました。

2つ目は教材です。CPAの教材は他校よりも情報量が多く説明が丁寧にされており、また各論点ごとに重要度が割り振ってあるため効率的に学習ができると感じました。教材の紙の質もしっかりしていて文字が読みやすく集中できることもプラス要素になりました。

3つ目はWeb上で受講できる点です。私の家から校舎までは距離があり学習1年目の時は講義のためだけに校舎へ通うのがとても面倒だと思っていました。しかし、Web上でも講義を受けられたためどこでも受講でき利便性が高いと思いました。

また、講義の再生速度やもう一度聞きたいところを聞くことができる点も良かったです。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は3つあります。一つ目はカリキュラムです。CPAのカリキュラムは適宜更新され、3か月分の予定がWeb上にアップされるためスマホでも確認することが容易で学習の計画がとても立てやすく助かりました。

二つ目は答練です。定期的に答練があるおかげで小さな目標が生まれ長期的なモチベーションを保つことができました。

また、答練でその都度自分が理解できていなかったところを把握できることや自分の現状の立ち位置を確認できるのでとても良かったと感じています。特に答練で間違えたところは記憶に残り、本試験でもこの記憶が活きる点も良かったです。

3点目はチューターの存在です。チューターは私の学習進捗度にあわせて親身になって今後の学習について相談やアドバイスをしてくれます。安定したメンタルを保つことができ合格にとって欠かせない存在でした。

公認会計士を目指した理由

大学に入った時には将来の目標ややりたいことが一切なく、世の中にはどのような仕事が存在しているのか気になり年収ランキングというサイトを見たのがきっかけです。

そこには医師や弁護士など様々な職業が掲載されており、その中に公認会計士もありました。医師や弁護士といった職種は自分には合わなかったため興味関心が沸くことはありませんでしたが、この時初めて公認会計士という職業と出会い、公認会計士になるには資格が必要だと知りました。

そして、サークルの先輩方が就活の厳しさや大変さについて嘆いている姿を見て、就活しても私が希望する企業、ましてや職種にすらつけない可能性があることを知りました。

ここで、資格の魅力に気づきました。その資格があれば仕事が必然的に手に入り、また資格を取得するために学習したことがそのまま将来の仕事に役に立つからです。

このような経緯を経て私は公認会計士を目指すようになりました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

CPAは教材の内容や学習する環境がとても整っています。ですので、これから公認会計士を目指す方もCPAで一歩ずつ進んでいきましょう。日々の地道な努力が遅かれ早かれ結果につながリます。

とても長期的な試験でモチベーションの維持が大変だと思いますが、一緒に学習する仲間や相談にのってくれる講師やチューターがいますので継続してみましょう!

CPAで頑張る皆さんのことを応援しています!!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する