1発
合格

CPAには様々な講師がおり、自分に合った教え方の講師を選んで講義を受講できるところに魅力を感じました ---西口 茉那さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は、大きく3つあります。
1つ目は自習室です。CPAの自習室はブース型なので、集中して学習しやすい環境だと感じました。また、席数も十分にあり、予約の必要が無く、自由に出入りできるところがとても良かったです。さらに、女性専用席もあるので、安心して利用できました
2つ目は、合格率の高さです。私は絶対に在学中に合格したいと思っていたので、在学中一発合格の実績が高かったCPAを選びました。
3つ目は、好きな講師の講義を自由に選んで受講できるところです。同じ科目であっても様々な講師がいるので、自分にあった教え方の講師を選んで授業を受けられるところがとても魅力的に感じました。

CPAの良かった点

私がCPAの良かったと思う点は、2つあります。
1つ目はテキストです。CPAのテキストは量や内容が充実しており、図や解説も多く論点を理解しやすかったです。その為、記憶に定着しやすく暗記をする量を減らすことができ、応用的な論点にも対処することができました。
2つ目は自習室です。私は自宅では気が散ってしまうタイプだったので用事の無い日はいつも自習室で学習していたのですが、ブース型の自習室のおかげで集中して学習することができました。また、周りの勉強仲間もみんな集中して学習しており、良い刺激になっていました。

公認会計士を目指した理由

高校生の時、オープンキャンパスで公認会計士の存在を知り、その時から少し興味があったのですが当時は監査をする職業だというイメージしかありませんでした。大学の講義内で公認会計士の説明会があり、公認会計士が監査だけでなくIPOやアドバイザリーなど、会計の知識を活かして様々なフィールドで活躍できることを知り、多様なキャリアを描くことが出来ることにとても魅力を感じました。また、私は結婚や出産の後も働きたいと考えていたので、公認会計士であれば結婚や出産といったライフイベントの後も仕事を続けやすく、監査業務は好不況の影響を受けにくいため長く働き続けることができると思い、公認会計士を目指しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士の合格までの道のりは決して短いものではありませんが、諦めずに頑張ってほしいです。
それだけ頑張る価値のある資格だと思いますし、頑張った分だけ達成感もあります。CPAには公認会計士試験合格を目指す仲間がたくさんいますし、講師やチューターは、合格までの道のりを全力でサポートしてくれますので、最適な環境が整っていると思います。辛いこともあるかと思いますが、頑張ってください。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する