パーフェクト・オペレーション

本講座の詳細・申込  本講座の案内資料はこちら

 

「 パーフェクト・オペレーション」 コンセプト

「実務Excel 講座」の基礎編と応用編のカリキュラム範囲に含まれない独立した論点で実務に必須と思われる
Excel の「機能」にフォーカスし、使い方・初心者が実務でミスをするポイント・トラブル解決手法を解説する。

またExcel のみにとらわれず、Windows のショートカットや、フォルダ操作、バージョン管理、Word 変更履歴など、
幅広い基礎知識を身につける。実務の「速さ」と「正確さ」を身につけ、『パーフェクト・オペレーション』を確立する。

講座の概要・対象イメージ

Excel 機能マスター講座『パーフェクト・オペレーション』 (全8h) 

実務を速く正確にするためのショートカットや機能を学ぶとともに、実務でよく起こすミスとその解決策を学ぶ。
Excel にとらわれず、Windows やWord でも、ミスをなくし業務効率をあげるためのテクニック満載。
完璧なオペレーション能力を養成する。

対象イメージ・対象レベル

・実務Excel 講座の基礎編受講済が必須。ショートカットを完璧に身につけて、高速操作を実現したい人
・実務で失敗せずに、最初から「最善手」を身につけたい人。『パーフェクトな実務』を追究したい人
・Excel に習熟していない人がやりがちな、よくあるトラブルとその解決策を正確に学んでおきたい人
・基礎編と応用編で扱わないExcel の「機能」を、幅広く学んでおきたい人
・Excel のフィルターの挙動・検索の挙動・印刷設定などがよくわからず、実務で悩みを抱えている人
・Windows 全般のプロフェッショナルな操作をしっかり身につけたい人
・Excel での図形描画の正しいショートカットを身につけたい人
・Word の「変更履歴」トラブルを知っておきたい方

 

講座カリキュラム

『E xcel パーフェクト・オペレーション』 講座カリキュラム(全8 h)

Windows パーフェクト・オペレーション編

・Windows ショートカット
・実体アイコンとショートカットアイコン
・ソフト起動のショートカット
・ファイルの命名規則とバージョン管理

Excel 機能マスター編

・パーフェクト・ショートカット
・コメント機能とショートカット
・印刷の3大ビューとエル・アイ・ピー
・フィルター2 大機能
・フィルター抽出と可視セル問題
・Current Region チェックとフィルター領域
・テーブル領域のSUBTOTAL
・名前定義とF3
・検索・置換問題
・クリックタイプの条件付き書式カスタマイズ

Excel オブジェクト編

・オブジェクト操作入門・ショートカット

Word 重大トラブル編

・「変更履歴の記録」トラブル

 

よくあるご質問

Q. 実務Excel 講座(基礎編)を受講していないとダメ?
基本的には基礎編の知識とショートカットを大前提として進みますので、通学またはWeb 講座にて、実務Excel講座(基礎編)を受講済の方を対象とします。

Q.『 パーフェクト・オペレーション』の内容は簡単?
フィルター作業などは顕著ですが、Excel の機能は、「使える」と思っていても、実は「よくわかってない」ことが多く、体系的に説明されないと、ずっと知らないままの知識となります。よく経験するトラブルと解決手法について、説明していくため、Excel マニア以外の方なら講座は必ず役に立ちます。

 

「パーフェクト・オペレーション」どんな講座?

1.実務を速くするショートカットを数多く習う講座
「基礎編」「応用編」ではカリキュラムで扱えていないExcel のショートカットをたくさん練習していきます。Excel だけでなく、Windows 全般のショートカットをたくさん習うため、作業スピードが向上します。「プロとして必要なショートカットを多く身につけたい!」という方はぜひご参加ください。相当多くのショートカットを習うと思ってご参加ください。

2.Excel の「機能」を幅広く学ぶ講座
「基礎編」「応用編」では、「並べ替え」「フィルターによる抽出」「名前定義」「印刷設定」「コメント機能」「検索・置換機能」などのたくさんの機能にはほとんど触れていません。「機能」は、「ミスの温床」です。機能の特性を理解し、「ミスのないオペレーション」を学んでください。常に100 点の完璧な実務を目指しましょう。

3.「Excel」だけでなく、「Windows」「バージョン管理」「Word」
  「オブジェクト」など幅広い領域を扱う講座
Windows に関して、フォルダの名付けの注意や、ファイル命名規則とバージョン管理の考え方を学びます。「オブジェクト」とは「図形」の描画のことで、「図形」作成に必須のショートカットを学びます。Word に関しては、「変更履歴機能」について、よくあるトラブルを学びます。
※「グラフ」に関しては、当講座では扱いません。もっと実務でのミスが頻繁するクリティカルな論点が講座の中心となっているためご了承ください。

4.機能の「最善手」を探究する講座
原理や挙動を体系的に解説し、ミスのない手筋=「最善手」を探究します。「機能」という分野においても、プロフェッショナルとして自信を持ってExcel を使えるようになります。ぜひご参加ください。

 

人数

30名

講義時間

1日(8時間)

受講形態

集合学習

『パーフェクト・オペレーション』(全8h完結 ) 各校舎 開催日程

8月開催 開催時間
8月26日(土)@中野校 10:00 – 20:30

※ 当日の受付 9:40 ~。60分毎に5分休憩あり。

水道橋校 本館教室(NEX水道橋ビル地下1階)で開催しますので、直接お越しください。

早稲田校 2号館2階で開催しますので、直接お越しください。

中野校 5階教室5aで開催、受付にてご案内いたします。

日吉校 3号館教室(第一星野ビル4階)で開催、受付にてご案内いたします。

※ 講義用ファイルは、講座前日に送信予定。
講座当日にも、USBメモリにて講義用ファイルをお渡しいたします。

※ モニター開催につき、講義理解度によってペースを調整しながらの進行となるため
終了時刻は20時30分より30分程度延長する可能性があります。
終了後の予定には余裕をもってご参加いただけますよう、予めよろしくお願い致します。

受講料金

社会人価格 28,000円(税込)
学生 価格 18,000円(税込)※当日、学生証をご提示いただきます。

※社会人・学生共に、ラボダチ割(3名以上同時申込で1人3,000 円OFF)適用可能。

【再受講も可能】

当講座を受講後、再受講をご希望の場合は、1年間に2回まで再受講可能です。
ただし、ご希望日程のご予約状況次第では、お席が確保できないこともあるため、その場合は別日にて再受講して頂く可能性もありますことご了承ください。

本講座の詳細・申込  本講座の案内資料はこちら

当日のご持参物と注意事項

【ご持参物】

ノートパソコン(原則として貸与は行いませんがご希望の場合はご相談ください。)・AC アダプタ・Microsoft Office(2007・2010・2013・2016)必須 ・ 筆記用具・マウス必須。
※Word・PowerPoint も搭載されていることを確認してください。いずれも使用します。
※Windows ショートカットなどを扱っていくため、 Mac はNG です。
※講義内で2010 以降のバージョンでしか存在しない機能を一部扱うため、オススメは2010 以上の
バージョンとなりますが、2007 でもほぼ支障ありません。ご用意可能であれば、2010 以降を
ご用意ください。都合が悪くなられましたら、別日程への振り替えは可能です(2ヶ月に1回程度の開催予定)。
ただし、振替受講のご要望は、必ず開催日の前日までご連絡ください。

【注意事項】

・一旦お支払いいただきました後は、受講者様都合によるキャンセルおよびご返金は承りません。
・講義前日の夜までに、ご登録のメールアドレスに「講義用Excel ファイル」をzip にて送付します。
必ずご確認&展開(解凍)の上、ご持参のノートPC にダウンロードしてご参加下さい。
・この講座は特別モニターにつき、次回以降の開催時に講座時間・カリキュラム・受講料が多少変動する可能性がありますのでご了承下さい。

再受講制度のご案内

・無料再受講は、1年間有効となります(お一人様2回まで)
・ただし、満席の場合などは、次回以降の回へと再受講ご参加のお振替をお願いする可能性がございますのでご了承ください。

『パーフェクト・オペレーション』講座開発の決意

最初から「パーフェクト」であってほしい。

-『 パーフェクト・オペレーション』の実施にかける先生の想い・意気込みをお願いします。
業務というものは、「正確」で「速い」ことが大前提なのは、どなたでも「当たり前」と考えますよね。
私もそう思います。だから当然、ほとんどの会社では「正確で速いベストな業務遂行」が行われているものだと思っていました。
しかし、私が講師として多くの「一流企業」で講義を行う中で見てきた姿は、その真逆でした。
「実務経験3年~ 10 年」という方でも、IT 処理において「不可欠な機能やショートカットの存在を知らない」、
「知っている機能でも、誤用して、データを破損させている」ということがほとんど。
その結果「ミスが多く」、「遅い」業務を行っているという人が非常に多い。
なぜこのようになっているのかと考えました。この問題の主な原因は、「新入社員教育」の段階にあるでしょう。
先輩の、「IT 操作? Excel ?それぐらい自分で調べればわかるだろ」的な考え方のもとに、
現場では新入社員に対して、「詳細説明を行わずに、いきなりExcel ファイルを与え簡単な指示のもと作業をさせる」というOJT が主流です。
これにより、新入社員の段階からずっとよくわかっていないまま「この作業は、こんな感じかな~」と当てずっぽうのIT 処理を続けることに
なり、2年目、3年目以降も、いつまでも「ミスが多く、遅い、誤った手筋」を続けてしまっているのです。
こういった「OJT によるIT 教育」の風土では、「IT スキルが高い人」とは
「誰も教えてくれない中でも、独学の努力と創意工夫により手筋を確立できた人」となり、部署のごく一部の人に限られてしまいます。
それはまさに、「IT スキル向上の責任」を、「当人のセンス」に帰しているといえるのです。
はっきり言って、こういうものは企業が行うべき「教育」と呼びません。
IT スキル向上のために必要不可欠なのは、「センス」でなく「適切な教育」です。
スキル構築とは、こんな「偶然の産物」であってはならない。そうでなく「適切な教育」により「教育を受けた人は全てハイパフォーマンス
を出せるようにする」べきです。そうでなければ、「社員のパフォーマンス(品質)」に著しいブレが生じてしまいます。
私は、時々企業で見られる、「教えずにおいて、ミスをした新人を怒る」という「根性鍛えてやるぜ」的な文化は
企業間競争の激しい現代においては時代遅れな社員養成方法だと思っています。
今は、「社員の信頼」も「企業間同士での信頼」も、「業界自体の信頼」も、「一発アウト」なのです。
だからこそ、新入社員に「ミスをして学ばせる」プロセスを取らずに、
そもそも「最初からミスをさせないために全力を尽くす」のが、顧客や社内の人、そして業界に対するプロフェッショナルとしての矜持です。
「やってはいけないミスと最善手を徹底的に学び、ミスをせず、仕事が速いパーフェクトな社員としてスタートする」姿を
新入社員の理想像と定め、私は講座でそういう社員を育成したいと強く想っています。
「事前に徹底的に教え、ミスをさせない。最初から最善を取らせる」。
当講座『パーフェクト・オペレーション』では、実務Excel 講座「基礎編」「応用編」において時間不足のため説明しきれていないカリキュラ
ムを広く扱い、よりパーフェクトな実務を行える「新しい時代のエース新入社員」を養成します。
「プロフェッショナル」としての高い志を実現するために、講座で基本IT スキルを固め、更なるレベルアップを目指しましょう。

受講者の声

•印刷やフィルターなど、普通のことでも「あてずっぽう」でやるのと「体系的に習って使う」のは全然違うと感じた。「よくわかっていなかった機能」について、「正しいやり方」を習うことで成長ができました!ありがとうございます!

• 同じ操作でも、「うまくいく時」と「失敗する時」があり、ずぅっと「なんでかなぁ?」と思っていましたが、今日やっとわかりました。いつも、正面から挙動の解説をしていただき、ホントにためになります!これからもたくさん講座を作って下さい。

• Excel だけでなく、Windows やファイルのバージョン管理について、詳細に解説いただいて「実務のあり方」「プロとしての心構え」など、改めて考えさせられた。これから、社会人になるが先生に学んだことを活かして、社会に役立っていきたいと思います!

[/spoiler] 
下記、講師の公式Twitterアカウントです。お気軽にフォローしてみてください。

詳細・予約・お問合せ先

Excel

お問い合わせ:東京CPA会計学院 早稲田校

TEL:0120-669-334

平日・土祭日:9:00 ~ 21:30
日曜日:9:00 ~ 19:00

本講座の詳細・申込
資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する