CPA優待制度のお知らせ

優待生認定割引制度について

2018年合格目標の受講生は,短答式模擬試験又は論文式模擬試験の順位に応じて,2019年合格目標のCPAの既受験者を対象とした講座を優待生認定割引にて,お申込みを行うことができます。

短答式試験も受験するコースについて

5月向けの短答式模擬試験を受験した受講生は,その順位により,CPAの既受験者対象コース(上級総合マスターコース,会計専門職大学院修了者コース,12月短答受験コースなど,短答式試験を受験するコース)の受講代金に対して,40%,30%,20%,15%,10%の割引の適用を受けることができます。

5月向け短答模試 割引率
上位10%の方 40%
上位20%の方 30%
上位30%の方 20%
上位40%の方 15%
上位40%未満の方  全員 10%

(注1) 当該制度の適用対象者(15%以上の割引率を適用される者)は,短答式模擬試験をライブで受講した受講生に限定させていただきます。
(注2) 3回の短答式模擬試験のうち,最も高い割引率が適用されます。
(注3) 短答式模擬試験を受験していない受講生については,「10%割引(継続割)」または「論文式模擬試験受験者対象の割引」を適用させていただきます。

 

論文式試験のみを受験するコースについて

論文式模擬試験を受験した受講生は,その順位により,CPAの上級論文マスターコースの受講代金に対して,50%,40%,30%,20%,15%,10%の割引の適用を受けることができます。

論文模試 割引率
上位10%の方 50%
上位20%の方 40%
上位30%の方 30%
上位40%の方  20%
上位50%の方 15%
上位50%未満の方 全員 10%

(注1) 当該制度の適用対象者(15%以上の割引率を適用される者)は,論文式模擬試験(受験しなければならない全ての科目)をライブ(予備日を除く)で受講した受講生に限定させていただきます。
(注2) 上級論文答練コースは,当該制度の適用対象外になります。
(注3) 2回の論文式模擬試験のうち,高い方の割引率が適用されます。
(注4) 論文式模擬試験を受験していない受講生については,「10%割引(継続割)」を適用させていただきます。

 

論文合格(科目合格含む)返金制度について

CPAでは論文試験後すぐに,学習を開始できるように合格返金制度をご用意しています。
論文試験で合格された場合には,期間内に手続きいただくことで以下の通り,返金をさせていただきます。
受講料全額返金(論文式全科目合格)
→2018年の論文式試験で合格された方には,お申込み頂いた上級コースの受講料を全額返金いたします。
受講料一部返金(論文式科目合格)
→2018年の論文式試験で一部科目合格された方には,上級コースの受講料の一部を返金(免除額)いたします。
※ 合格者返金制度のご利用は,2018/12/7までにお手続きをされた方に限ります。
※ 受講料一部返金額(免除額)は,お申込みコースや適用された割引によって異なります。詳細はhttps://cpa-net.jp/cpa-course/experienced/refund.htmlまたは、校舎に直接お問い合わせください。

 

CPA会計学院


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する