登川講師

連結キャッシュ・フロー計算書を理解する!経過勘定の増減に注意しよう

連結キャッシュ・フロー計算書について、以下のような問題を出しました。

 

 

今回はこの問題の解答と解説です。問題を見てなかった方は解答を見るまえに考えて見てください。

 

解答

では答えを発表します。

 

 

正答は

 

「 50 」

 

です。

 

どうでしたか?

Twitter上では正答出来た方は20%届かず、多くの方が間違えてしまいました。

解説

ボブ「いやおかしいです!考えてみてください。親子会社間の経過勘定5は連結B/Sの作成に当たり相殺されます。てことは、相殺される5だけ増加額は減るわけですから、45になるはずでしょう。」

ノボ「やれやれだぜ。今回の未払費用は、未払費用でも未払利息だ。」

ボブ「え!?どういうこと???」

 

どうでしょう?この会話でピンと来ましたか?

 

ピンと来ない方は以下の点を確認しましょう。

❝小計の上においては、営業活動に係る資産・負債の増減を加減する。❞

ポイントは、小計の上で加減している資産・負債は、すべての資産・負債ではなく、営業活動に係るもののみという点です。

なぜなら、小計で算定したいのは純粋な営業活動に関するキャッシュ・フローであり、利息等の営業活動以外のキャッシュ・フローは含まれないためです。

なので、そもそもP社の未払費用の増加額30には未払利息に関する額は一切含まれていません。
そのため、連結上で未払利息を相殺したとしても、小計の上の未払費用には影響を与えないのです。

まとめ

未払費用には2つあります。

①未払営業費等の営業活動に関するもの
②未払利息等の営業活動に関しないもの

この内、小計の上で増減を加減するのは、①の方のみということになります。

 

C/Sで経過勘定みたら、一回ストップ!中身を確認!

 

を胸に刻んでおきましょう!

 

【簿記の細道】
ボブ「あちゃー小計の上の意味を完全に忘れてました。」
ノボ「小計の上はなかなか難しいから、ちゃんと理解し納得するには反復が大切だ。石の上にも三年!小計の上の理解には最低3回転だ!」

 

⇒To Be Continued…!?

********************
東京CPA会計学院 財務会計論講師
登川雄太
ツイッターはこちら

このブログがみなさんに気付きを与え,お役に立つことができますように。

資料を取寄せる(無料)  オンラインで教材購入