菅沼講師

「他の受験生に差をつけやすい今の時期にアドバンテージを取ろう!」菅沼講師(企業法)

 

こんにちは!

企業法主任講師の菅沼です。@suganuma_cpa

 

新年一発目のブログです。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 

今回のブログの内容は,科目(企業法)に関するものではなく,5月短答式試験または8月論文式試験を受験される方の学習全般に関するものです。

その中でも,「5月や8月に向けて学習を開始したけれど,思うように学習量が取れていない」という受験生に対するアドバイスを書いていきたいと思います。

 

 思うように学習量が取れていない方へのアドバイス

 

みなさん,5月短答式試験や8月論文式試験に向けて学習を進めていることと思いますが,今の時期,実は合格するために最も重要な時期だと言えます。

 

5月短答式試験であれば,4月に入れば,「もう2か月もないぜ!」という感じになり,受験生全体の学習量は経験上,一気に増加します。

やはり,試験が近づくと強制的に「やらなきゃ!」という感じになるんですよね。

 

自分が受験生の頃を思い返しても,試験直前期から集中モードに切り替わっている人が非常に多かったです。さらに思い返せば,小中学校の夏休みの宿題も,自分もそうでしたが(笑),もうすぐ2学期が始まる直前にまとめてやる方が多かったのではないでしょうか。

 

8月論文式試験においても,同様に,5月短答式試験が終わった6月以降は一気に直前期モードとなります。

 

つまり,5月短答式試験に向けては4月から,8月論文式試験においては6月あたりからは,今までしっかりと学習量が取れていた方も,思うように取れていなかった方も,大部分の方が相当の学習量を確保するようになります。

 

まぁ何が言いたいのかというと,直前期になってから他の受験生に差をつけるのは難しいということです。

 

さらに掘り下げると,しっかりと学習量が取れていた方は,理解の土台がしっかりあるうえで直前期に臨むことができるので,最後の追い込みによってどんどん知識が固まっていきます。

これに対して,思うように学習量が取れていない場合は,土台が弱く不安定な状態で直前期を迎えることになります。

この場合,両者が直前期に同じだけの学習をした場合であっても,さらに両者に差が生まれてしまうのです

 

すなわち,相対試験である公認会計士試験を制するためには,他の受験生に差をつけやすい時期にアドバンテージを取るという視点が重要です。

 

しかし,頭ではわかっているようなつもりでも,なかなか思うようにいかないものです。

 

ここで,ちょっと極端な2択を示しますが,みなさんは①と②のどちらでありたいと思いますか?

160128kigyou1

 

おそらく,ほとんどの人が「①の方がいい!①でありたい!」と考えるでしょう

試験に合格することを最優先事項と位置づけて,試験日までのできる限りの時間を学習に充てるという理想像が頭の中にあると思います。

しかし,受験生全体で見ると,結果的に②になってしまっている方が多いのではないでしょうか。

 

人生のすべての場面で,①のように,優先順位と緊急性を明確にして実行するのは大変なことです。

私ももちろん出来ていないことばかりですが,大事なのは,「ここは踏ん張りどころだぜ!」という場面において,①を実行できるかどうかということなんだと思います。

 

公認会計士は三大国家資格の1つですので,その試験を受験するということは,あくまで通過点ではありますが,「踏ん張りどころ」でしょう!

 

 「踏ん張りどころ」では生活に何らかの変化を,必ず,与える

 

「公認会計士試験に合格したい!」「この目標を達成したい!」と,今思っているのであれば,今から,①を実行するために,全力を注いでみましょう!

その場合は,日々の生活に何らかの変化を,必ず,与えるようにしてください(重要!)

学習に専念できる方は,1日中,勉強以外する事がない環境に身を置いてみるのもいいかもしれません。

ちなみに,私は,携帯等をすべて家に置いて,勉強道具だけを持って外で勉強するという方法を一時期しておりました(親しい人や親族には,携帯を持ち歩かない旨,どこにいるか等,緊急連絡のために伝えておきましょう)。

今まで,決まった時間に専門学校に行けてないのであれば,今,ここで,自分として守らなければならないルールとして,腹をくくりましょう!まず,3日間,がんばりましょう!次は,1週間,10日と継続していきましょう。

 

悩みは十人十色だと思いますので,自分でもどう変化を与えればいいかわからない場合は,相談して頂ければ,今までの経験を振り絞ってお答えいたします。

 

「ここは踏ん張りどころ!」と腹をくくって,踏ん張りきってみませんか!

 

さて,次回は,「CPA科目別講師対抗 酒我慢選手権 ~飲んだらダメよ~」をお届けいたします(うそです)。あらゆる誘惑が講師に迫ります(うそです)。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

CPAオンライン校のご案内

公認会計士講座の教材に興味がある方へ

この記事を書いた、東京CPA会計学院では、ただいま公認会計士講座の講義・教材を販売しております。

お気軽にご覧くださいませ。

ctaonline

CPAオンライン校へ

資料を取寄せる(無料)  オンラインで教材購入