短答式本試験の発表&試験範囲の変更について!

本日、1月12日に公認会計士試験12月の短答式本試験の結果が発表されました。

合格されたみなさん、本当におめでとうございます。

 

願書提出者数 7,030人

受験者数    5,479人

合格者数    863人

合格点      67%

という結果になりました。

 

また、監査審査会から、出題範囲の一部改正が公表されています。

平成28年5月短答式、8月論文式の出題範囲が若干修正されています。

財務会計論では、修正国際基準が追加。

企業法は、商法の出題範囲が明確化。

租税法は、平成29年度(28年は除外)から組織再編成に関する税制が試験範囲に追加。

経営学はリスク管理などが追加

となっています。

 

詳細は、下記の監査審査会のWEBサイトを参照ください。

http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/hani28-b/02.pdf

 

平成28年度の試験においては、大きな変更ではありませんので、ご安心ください。必要な対策は各科目別に実施していきます。

 

 

CPAオンライン校のご案内

公認会計士講座の教材に興味がある方へ

この記事を書いた、東京CPA会計学院では、ただいま公認会計士講座の講義・教材を販売しております。

お気軽にご覧くださいませ。

ctaonline

CPAオンライン校へ

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する