平成27年度 公認会計士論文式試験の合格発表発表

 

本日,論文式試験の合格発表がありました!

 

合格した皆さまへ。

本当におめでとうございます!!本日の結果は,皆さまが今までやってきた努力の結果です!!うまくいかなかったときも,毎日のように勉強して,困難を乗り越えてきたこの経験が,会計士になってからも非常に活きてきます。

今日は,思う存分,達成感に浸って,楽しんでくださいね。

 

これからの皆さまのご活躍を期待しています!!

 

 

 

残念ながら,合格できなかった方へ。

今は,ただただ悔しいという感情しか浮かんでこないと思います。

しかし,うまくいかなかったときも,毎日のように勉強して,困難を乗り越えてきたこの経験は,将来,絶対に活きてきます。

 

公認会計士試験の論文式試験の合格率は,34.1%です。

短答式試験を合格した皆さんにとっては,合格可能性が全くない試験ではないはずです。一つひとつの論点を,丁寧に理解していけば,必ず合格への道は開けます。

 

もう1年間頑張って勉強して,将来,この1年間勉強してよかったと思えるように!来年,2ケタ順位での合格を目指して!一日も早く切り替えてほしいと思っています。

 

 

今回は,再度,論文式試験を受験する方々にお伝えしたいことを書きました。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

1.論文式試験の結果発表について

2.苦手科目から優先的に,できる限り早い時期から学習を開始しよう!

3.企業法の改正論点講義のお知らせ

4. 必見!東京CPAからのお得な「お知らせ」

・ 全ての科目の講義についても,WEB視聴可能

・ 奨学生試験のお知らせ

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

1.論文式試験の結果発表について

 

願書提出者数 10,180人
論文式試験受験者数 3,086人
論文式試験合格者数 1,051人(前年1,102人)
合格率 10.3%(前年10.1%)
論文式試験合格率 34.1%(前年36.8%)
合格者の平均年齢 27.1歳
科目免除資格取得者(延べ人数) 629人

 

 

 

2.苦手科目から優先的に,できる限り早い時期から学習を開始しよう!

 

来年度の論文式試験の合格を目指すに当たって,まずは,苦手科目から優先的に学習を開始する必要があります。これは,苦手科目をなくし,全ての科目において偏差点52以上を目指すのが,最も合格可能性を高めるからです。

 

そのため,今まで受けてきた答練の成績や論文式試験の成績を踏まえて,各科目の優先順位をつけ,まずは2科目~3科目について学習をスタートすることをオススメします。

 

 

また,12月の短答式試験を目標に学習している方々は,現在,物凄い勢いで直前の追い込みをしています。皆さまは,彼ら,彼女らと競っていかなければなりません。

 

皆さまの中でも,合格発表まで休んでいる間に,12月短答合格組に追い抜かれてしまっている方もいるのではないでしょうか。しかし,皆さまも,早い時期から切り替えて学習を開始すれば,短答式試験日(12月6日)までに,ある程度,力を戻すことができます

 

しかし,これからの2~3週間,気持ちを切り替えられず休んでしまうと,12月6日までにまったく力が戻らず,12月短答合格組に差をつけられているという状態で,学習をスタートしなければならなくなります。

 

ですので,次の目標に向けて,1日でも早くスタートしてほしいと思います。

 

 

東京CPA会計学院では,今後の勉強方法やカリキュラムについて,受験生一人ひとりの現状を踏まえ,公認会計士の専任講師が1対1で,無料相談をさせていただいております。

 

その際,論文式試験の通知表を持参して頂くと,より具体的なアドバイスができますので,是非,論文式試験の通知表を持参してきてください

 

CPA日吉校/早稲田校にご来校,お電話(0120-669-334)でのご相談,どちらでも構いませんので,お気軽にご連絡いただければと思います。

 

 

 

3.企業法-改正論点講義(全3回)の「お知らせ」

 

2015年12月の短答式試験/2016年8月の論文式試験から,平成26年6月成立・公布,平成27年5月施行の「平成26年会社法改正」が新たに試験範囲に含まれることになりました。

 

ここで,改正された主な内容は,以下のようになっております。

① 企業統治に関する改正

② 親子会社に関する改正

③ キャッシュ・アウトに関する改正

④ 資金調達に関する改正

⑤ 組織再編行為に関する改正

 

また,全3回の改正論点講義では,上記以外の細かい改正についても,網羅的に解説していきます。講義では,改正の経緯についても,しっかりと説明していきますので,「どこが」「どのように」「なぜ」改正されたのかを効率的かつ網羅的にマスターすることができます。

 

改正箇所が多い今回の改正内容について,合格するために十分な知識をいち早く身につけるため,是非,当講義を活用してください。

 

 

なお,企業法-改正論点講義については,以下のURLから購入することができます。

 

企業法-改正論点講義の購入ページはこちら ⇒ 企業法-改正論点講義

 

 

 

 

4.必見!東京CPAからのお得な「お知らせ」

 

全ての科目の講義について,WEB視聴可能

 

東京CPA会計学院が実施している講義について,1コマ(約3時間)分の講義をWEBで無料視聴することができます。

特に,苦手な科目について,東京CPA会計学院の理解重視の講義を是非体験してみてください。

講義無料視聴

 

 

 

奨学生試験のお知らせ

 

総合コース(上級論文マスターコース)をご検討の方を対象に,奨学生試験を開催致します。奨学生試験の順位によって,受講料が最大25%オフ(参加者の半数の方が20%オフ,参加者全員が5%オフ)になりますので,奮って挑戦してください。

是非,この機会にご検討ください。

 

奨学生試験

上級生の受講コースと受講料

 

 

 

 

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する