教材PDFアプリ リリース開始!

教材PDFアプリとは

すべてのテキスト、個別問題集、短答対策問題集、答案練習、論証集が閲覧可能

かさばるテキストが全科目持ち運び可能!

サンプルサイトはこちら

教材PDFアプリとは

教材PDFアプリとはWEB上で教材を閲覧することができるアプリです。これまでのPDF教材のダウンロードとは違い、WEB上で、メモ付箋やマーカーをつけることができ、かつ、検索機能も備えているので、特定の論点や言葉について、横断的に理解を深めることができます。

※ 単価販売では、短答問題集と論文対策集のPDFアプリの取り扱いはございません

 

教材PDFアプリの特徴

メモ付箋機能

重要箇所に自由に付箋を貼り、メモを加えることができます。付箋を貼ったページは一覧することもできるので、効率的に復習できます。

マーカー機能

重要箇所に自由に線を加えることができます。重要箇所の強調することで、より理解を深めることができます。

検索機能

特定の言葉を検索すると、該当のページが一覧されます。論点や言葉をテキスト全体から横断的に一覧できるので、知識をより深めることができます。

教材PDFアプリのメリット

全てのテキストがスマホひとつで見られる

全てのテキストを持ち歩くことなく、スマホですぐに特定の科目や論点を閲覧できるので、物理的な自由度を高めて学習ができます。

通勤通学などのスキマ時間を有効活用できる

通勤や通学などスキマ時間にすぐに学習できるので、時間を有効的に活用して学習を進められます。

横断検索で効率的な復習ができる

メモ付箋や検索機能を活かし、気になる論点を集中的に復習できます。

【教材PDFアプリのよくある質問】

Q 既存商品のテキストPDFデータとPDFアプリどう違うの?

A テキストPDFデータ販売はPDFのデータそのものを送付しますので、WEB環境がなくてもデータが端末にあれば閲覧することができます。またデータ自体の印刷加工はご利用できます。

教材PDFアプリは、データではなく、あくまでWEBサイトから教材を閲覧するので、WEB環境があればアプリはいつでもどこでも利用できます。またWEBサイト内でメモ付箋機能やマーカー機能などを使い、学習効率を高める加工が可能です。

Q 複数の端末(スマホとPCなど)で閲覧できるの?

A 複数の端末で閲覧することができます。

Q メモ付箋機能やマーカー機能は別の端末(スマホとPC)で同期できるの?

A できません。PDFアプリは、端末単位でメモ付箋機能やマーカー機能を保存するので、複数の端末での同期はできません。例えば、スマホで活用したメモ付箋をPCで確認することはできません。

推奨環境

 

パソコン

Windows® Mac®
OS Windows®10
Windows®8、8.1 ※1
Windows®7
Mac OS X®10.8以上
モニタ 解像度1024 x 768、16 ビット以上を表示可能なカラーモニタ
ブラウザ Internet Explorer® 10 以上
Edge 最新版 ※2
Firefox® 最新版
Chrome 最新版
Safari 最新版
Firefox® 最新版
Chrome 最新版
プラグイン FlashPlayer® 10.2以上
環境 インターネット接続環境

OSおよびブラウザの環境については、Adobe FlashPlayer®のシステム条件に依存します。詳細はAdobe社Webサイトでご確認ください。

※1 Windows8特有のインタフェース(メトロ版)でもご覧いただけますが、万一想定外の動作をした場合は、デスクトップモードで閲覧してください。
※2 一部機能制限があります。詳細はこちらをご覧ください。

スマートフォン/タブレット

対応機種 ・iPhone: iOS8以上 ※1
・iPad: iOS8以上 ※1
・Android: 4.4.4以上

標準ブラウザでの閲覧を前提とします。
※検証済のAndroid端末については、Android対応機種リストをご覧ください。

※1:次期バージョンからiOS9以上が推奨動作環境となります。


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する