東京CPA会計学院の歴史

学校長挨拶

東京CPA会計学院の歴史

学校法人 髙橋学園
専門学校 東京CPA会計学院
学校長 公認会計士

髙橋 幸夫
元 日本公認会計士協会本部理事

本当の実力、本物の仕事。まやかしではない本物だけが求められる時代になってきました。
経済・経営に関わる者として、マニュアル的な発想で臨むことなく、常に自分で考え行動する。

当校の教育はまさにそういった人材を育成することを目標としています。

資本主義経済が高度に発展した今日、企業活動が一層複雑化しています。
経理・財務業務はもちろん、営業・経営・企画などのあらゆる業務で常に優れた「会計センス」が求められているのです。
当校の卒業生が、それらの業務において、華々しく活躍し、高い評価を得ているのは、決まりきった仕事を繰り返しているのではなく、自分で考え工夫するという高度な能力を発揮しているからであると思われます。

これは当校教職員が一丸となって教育本来の在り方を追求してきた成果であると自負しております。
そしてそのことは、学生個人においてもとても重要なテ-マです。

「検定に合格する」「資格を得る」それ以上に「その先の生き方」を考える。
東京CPA会計学院ではこのような教育方針を念頭におき常に本物の人材の育成に努力していきます。

学校経歴

昭和43年3月

渋谷区恵比寿にて「東京会計法律学院」を創設する。
公認会計士試験の受験指導を行う。

昭和44年9月

新宿区須賀町に移転し「東京C.P.A.(公認会計士)専門学院」と改称する。
わが国で始めての全日制1年制による公認会計士講座を開設する。

昭和45年9月

税理士講座を開設し、税理士試験の受験指導を行う。

昭和55年3月

東京都知事より、専修学校として認可される。
「東京C.P.A.(公認会計士)専門学校」と改称する。

昭和56年6月

新宿区信濃町に信濃町校舎を開校する(平成5年まで)。

平成7年1月

文部大臣(現文部科学大臣)より、専門士(経理専門課程)称号の認定校とされる。

平成10年4月

東京都知事より、学校法人として認可される。

平成12年4月

社会人教育課程の講座を分割し、各総称を「CPA会計士ゼミナール」 「CPA税理士ゼミナール」
「CPAビジネスゼミナール」 と定める。

平成13年9月

横浜市日吉にCPA横浜日吉校を開校する。

平成19年4月

東京都より民間委託訓練実施校として選定を受け受託する。

平成19年8月

新宿区早稲田にCPA早稲田校を開校する。

平成20年4月

「専門学校 東京CPA会計学院」と改称する。

平成21年1月

東京本校並びに学園本部を中野区中野の新築校舎へ移転する。

平成22年5月

CPAオンライン校を開校する。

資料を取寄せる(無料)