CPAは予約なしでいつでも質問OKなので、不明な点をすぐに解消できました! ---木本 雄大さん

CPAを選んだ理由

CPAは教師と生徒の距離が近くいつでも相談にくれる体制が整っている点、合格の実績が高い点に魅力を感じたからです。

CPAの講師は公認会計士の資格を持っており、CPAの講師陣には公認会計士試験合格のためのノウハウがあります。

実際、私は講師に学習スケジュール相談やわからない点について好きな時に、予約なしで質問できました。

他校では質問をしたいときに講師がその予備校にいない。または予約が必要であったりします。その点CPAでは合格まで講師がサポートしてくれた点がとても魅力的でした。

また、CPAでは合格実績が高いため、テストの講評を確認しながら自らの立ち位置を理解し、周りのみんなと切磋琢磨して知識を築き上げた点も魅力でした。

このように、CPAは公認会計士試験合格までの体制が整っていると感じております。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は教材の知識量が豊富かつ見やすく作成されている点、公認会計士である講師が論文の採点をしてくれる点です。

論文式試験は短答式試験と違って、記述力が求められます。他の予備校ではチューター等が採点を行うため、キーワード採点であり、単なるキーワードの暗記に走る受験生が多くなります。

この点、CPAでは、現役講師陣がテストの採点を行ってくれます。

答案の採点方法については単なるキーワードの採点ではなく、論述の流れに重点が置かれていたため、キーワードの暗記ではなく、論述力を意識した回答を作成できるようになりました。

また、CPAの教材は他校よりも教材の内容が充実しています。論文式試験は年に一度しかないため、CPAの教材で勉強できたことが大きな自信となりました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は2点あります。

まず1点目はプロフェッショナルとして社会に貢献したいと考えた点です。資本市場の信頼性を確保する会計士という職業は独立した立場で社会に貢献することが求められています。公認会計士は自らの専門能力や知識を活かして社会に貢献できるため、働き甲斐があると感じました。

2点目は、私がその人たちの期待に応えて、支える側になりたいと考えた点があります。私は今まで親や友達や職場の方など、たくさんの人から応援してもらい生きてきました。

この感謝の気持ちに答えるためには自分自身が社会で活躍できる資格を取ることが恩返しのできる方法の一つであると感じました。
公認会計士の資格は自らのフィールドを広げる力があると信じています。

学習で苦労した点や工夫した点

公認会計士試験は難しい論点は多くないが範囲が膨大であり、記憶になかなか定着しづらい点、モチベーションの維持が続かない点に苦労しました。

会計士論文式試験は偏差値により合否が決まるため、いかに重要論点を落とさないか。またはA論点を落とさないかにかかっていると思います。

この点、CPAの教材はABC論点の記述が事細かに記載されています。
そこで私はメリハリをつけた学習を心がけるようにしました。

具体的には私はA論点に関しては時間を多く配分し、理解の充実や暗記の精度を高めました。一方BC論点については項目名を見てざっと内容の結論を頭に思い浮かべるレベルに仕上げることを意識しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する