理解しやすい講義・教材と 充実した個別サポートが移籍の決め手—柴田 拳吾 さん

CPAを選んだ理由

以前に所属していた予備校では、会計処理について、なぜそのような結論になるのか、といった理由部分の説明に重きが置かれず、結論の暗記に偏りがちでした。

しかし、会計士試験の勉強範囲は非常に広く、またその内容も難しいので、暗記重視の勉強方法では到底太刀打ちできない試験だと思いま
した。そのため、その予備校から移籍することを決意し、実際に各予備校に足を運び、実際に使われている教材を見せてもらいました。

その中でもCPA は、数値を用いた具体例に加え、図が多く、説明が丁寧でテキストが読みやすい印象を受けたので、CPA に移籍することにしました。実際に通い始めてからは、テキストに合わせたきめ細やかな講義を受け、理解を深めながら学習を進めることができたので、同じ論点でも、CPA の方が格段に分かりやすいと感じることばかりでした。

他校とCPA の違い

理解しやすい講義、教材の他にも、テキストの論点ごとに短答、論文別の重要度が付されていたので、メリハリのある学習ができました。

会計士試験は学習量が膨大で、難解な論点も多いです。しかしその全てが頻出論点というわけではなく、いかに試験に出やすい論点を押さえていけるか、が鍵となります。講義中やテキストに示される重要度に従って学習すれば、出題頻度が高い論点を重点的に学習することができ効率的です。また、自身の学習状況に合わせ、論点の取捨選択を行いやすくなります。

また、CPA は定期的な面談をはじめ、学習ガイダンスが充実しており、勉強内容のみならず勉強方法についてのサポートも手厚いです。合格するために必要な学習方法、学習時間、科目のバランス、全体のスケジュール感など、個々の状況に応じた具体的な指針が細かく示されます。長期にわたる会計士受験の学習中は何かと不安を感じることが多いと思いますが、個別サポートが手厚いのはCPA の大きな強みだと思います。
また、DVD を好きな時間に視聴でき、事前の予約も不要です。ライブ講義の翌日にはその講義のDVD がリリースされるので、予定が合わないときの講義のフォローアップは非常に助かりました。

公認会計士を目指す方へ

最難関国家資格である会計士試験に合格することは決して容易ではありませんが、その分受験勉強の過程で自分自身が成長できるチャンスがたくさんあります。知識自体の習得も大事ですが、困難を乗り越えてこそ、精神面も含め、色んな面で成長できます。

諦めずに粘り続ければ、必ず合格できる試験です。会計士試験にチャレンジして良かった、と思える日が必ず来ると思いますので、是非頑張ってください。応援しています!

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する