CPAのテキストは重要性がついているので、効率的に学習を進められました! ---岸田 航さん

CPAを選んだ理由

まずはなんといっても他の予備校と比べても圧倒的に高い合格率です。

特に大学在学中の合格率も他の予備校と比べて高かったため、自分の中で完全に安心してCPAを選ぶことが出来ました。

そして、CPAの自習室自体の環境が非常に良いと感じたとともに、大手の予備校と比較しても、CPAは受講生が多すぎるということはないため、互いに切磋琢磨しながら勉強できる仲間を作りやすいと思い、質の高い環境の中で勉強することが出来ると感じたことも理由の一つです。

さらに、入学する前に実際にテキストを見せて頂いたときに、他の予備校と比べて非常にテキストがわかりやすく見やすいと感じ、理解のスピードを早めることが出来ると感じたことも大きな要因の一つです。

CPAの良かった点

自分が個人的に非常に良かったと感じている点は、授業が初学者でも非常にわかりやすく、テキストも見やすく、勉強している内容が理解しやすい点です。

特に、テキストは、文章の説明に図がセットで掲載されているため、学習している内容のイメージがしやすく、授業やテキストの説明だけでも、内容を理解することが容易でした。

また、自分は、バイトとサークルを両立しながら勉強を進めようとしていました。CPAでは、テキストの各項目ごとに重要性が付されていたため、バイトとサークルを両立しながらでも、勉強を支障なく進めることが出来た点が非常に助かりました。

この重要性を利用して勉強を効率的に進めることが出来たことが、今回合格することが出来た大きな要因の一つだと思っています。

公認会計士を目指した理由

自分は、CPAに入学する前は、大学が実施している簿記講座を受講していました。

そこで簿記の学習を進めていくうちに、この勉強が自分に合っていると感じるとともに、充実感がありました。また、自分は大学に入ってから、何かを成し遂げたいということを漠然と考えていました。

そんな中、簿記講座の講師の方が、公認会計士試験に合格されたばかりの方で、その方が公認会計士についてのお話をしてくださった時があり、その話を聞いて、三大国家資格の一つである公認会計士の資格を大学在学中に取ることが出来たら、自分にも自信をつけることが出来るとともに、これから先の人生で大きなプラスになると思ったため、公認会計士を目指そうと考えました。

これから公認会計士を目指す方へ

公認会計士の資格を取るための勉強は、やはり辛いことも多くあり、自分も勉強をしていく中で苦労してきたことが何回もありました。

しかし、そのようなことを感じさせてくれるからこそ、この資格を取ることが出来たときは、人生の中で最も達成感と充実感を感じることが出来たと本当に心の底から思いました。

皆さんも勉強する中で、何回も勉強が辛い、早く逃げ出してしまいたいと思うことがあると思いますが、CPAで継続して勉強を続ければ、必ず結果を出せる時が来ます。ぜひ最後まであきらめずに頑張って合格を勝ち取って下さい!

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する