CPAだから最後までやりきれました! ---佐藤 大河さん

CPAを選んだ理由

他の予備校に比べ圧倒的に合格率、合格実績が高いことに加え、大学在学中の合格実績も非常に多いことが一番の理由です。

合格実績が良いのは、網羅性と効率のバランスのとれたテキストやわかりやすい講義、質問対応、受講生に近い立場で相談のできるチューターが常に校舎にいることが大きいと思います。

また、私は慶應義塾大学に在学中ですが、慶應義塾大学出身で合格された先輩方の多くがCPAに通っていたことも私の中ではCPAに決めるきっかけになりました。さらにCPAは簿記3級2級までの講義は無料で受講できるためまずはそこまでCPAで講義を受けてみて、そのまま公認会計士講座を受講するかどうかをその時にまた決められるということでスムーズにCPAに入ることを決められたように思います。

CPAの良かった点

私は2年スタンダードコースで学びましたが、講義の進度は遅すぎず速すぎずちょうどいいと感じました。

私の友人の中には大学のサークル活動や、バイトと両立させていた人も多くいますし、私も大学2年生の頭くらいまでバイトを続けていましたが、それでも大学在学中に合格を目指せるのがCPAの強みかなと思います。

テキストや問題集は非常に見やすくわかりやすいように作られており、論点ごとに重要性が付されていることも学習していくにあたっての目安になるのでとてもよかったと思います。分からないことがあっても、常に校舎には講師の方々や、学生チューターの方がいらっしゃるので質問して解決することができました。

また、大学2年生から3年生になるにあたって、大学のキャンパスが変わったのですがそれに合わせて日吉校から水道橋校に移籍できたのも私の中ではとても助かりました。CPAは都内の各所に校舎があるので、大学や職場と自宅との兼ね合いで校舎を変えられるというのはメリットだと思います。

最後に、CPAを選んで本当に良かったと思うのが親身になって支えてくれる講師陣や、チューターの方々、切磋琢磨しあえる仲間がいることです。質問対応や学習相談で一人一人に丁寧に接してくれますし納得いくまで付き合ってくれます。CPAに入ったから私は最後までやりきることが出来たと思います。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した一番の理由は大学生活に目標が欲しかったからです。

私は大学受験をしていないため、高校では部活動でのバスケットボールやバイトしかほとんどやっておらず、大学に入って就職活動をしていくにあたって自分の能力にとても不安がありました。そんな私に公認会計士という資格があると教えてくれた友人に誘われてCPAの説明会に行き、公認会計士という職業の話を聞いたところ非常に興味を惹かれました。

安定した高収入、確実に監査法人に就職出来るという点、様々な企業に赴いて仕事ができ、経営者などのトップマネジメントと対等に話をしたり、知り合えること、監査法人で働くだけでなく、独立して会計事務所を作ったり、転職をしたりしやすい職業であることなどを聞いて、自分のキャリアの可能性がグッと広がると感じ、すぐに親を説得して公認会計士を目指すことを決めました。

今でもその選択が正しかったと思いますし、後悔は一切ありません。公認会計士を目指し、CPAに入って本当によかったと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する