CPAの完全オーダーメード学習スケジュールで合格! ---市川 諒さん

CPAを選んだ理由

PwCあらた有限責任監査法人(以下、PwCあらた)の公認会計士育成採用制度で学習を開始したため、予備校はCPA指定でした。しかし、講師の方から学習環境に応じた柔軟なカリキュラム設定や充実した質問対応について伺い、会計士試験についての不安がなくなりました。

私は学習開始が5月だったのですが、12月の短答式試験に間に合わせたいとの思いを伝えたところ、完全オーダーメードで学習スケジュールを組んでいただきました。

他の方とは異なるタイミングで学習を開始できるのも、Web講義や教室講義を自由に組み合わせられるCPAならではだと思います。私は簿記に触れたことすらない完全初学者で、知識がまったくない状態からのスタートでしたが、経験豊富な講師陣が短期合格をサポートしてくれました。

CPAの良かった点

CPAでは講師が校舎に常駐しているため、疑問に思った点をすぐに質問して解決することができました。私は全科目の講師に質問し、非常に効率良く学習を進めることができました。

特に理論科目において、会計基準の背景や趣旨を詳しく説明していただくことで、単なる暗記ではなく、理解に基づいた知識の定着を図ることができました。また学習相談も定期的にすることで、現状の立ち位置と目標までの距離を見失うことなく学習できました。

講師の方も私の答練の成績や状況をよく把握してくれており、部分最適ではなく全体最適なアドバイスをして頂きました。科目間のバランスが重要な会計士試験において、各科目の講師が他の科目の出来も考慮した上で相談に乗ってくださるのはありがたかったです。

公認会計士を目指した理由

元々一般事業会社への就職活動をしており、外資系コンサルティングファームを中心に志望していました。

その過程でPwCあらたの公認会計士育成採用制度を知ったのが、公認会計士を目指したきっかけです。それまでは公認会計士の制度や業務内容について何も知りませんでしたが、説明会やインターンシップに参加して、その高い専門性や社会貢献性に魅力を覚えました。

そして将来のキャリアの選択肢も、監査業務にとどまらずアドバイザリー業務やCFOなど幅広いと伺い、現時点で自分のやりたいことをほとんど実現できると知りました。それまで簿記などの学習も一切しておらず、難関試験に合格できるのか不安もありましたが、自分の将来の可能性を広げるため挑戦しようと決意しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する