CPAの丁寧なテキストで一発合格! ---國原 悠杜さん

CPAを選んだ理由

わたしは、公認会計士試験に向けて勉強する上で、大学の勉強をおろそかにしない点を、重視していました。

その中でCPA早稲田校を選んだ理由ですが、まず、大学のすぐ近くに校舎がある点が魅力的でした。授業前後に立ち寄れる場所に校舎があるので、負担なく通うことができました。

そして、CPAでは、大学のテスト期間中は授業がないなど、大学生に配慮したカリキュラムを用意しており、この点が決め手になりました。CPA側から、大学との両立を真剣に考えてくれているという思いを感じ、CPAに決めました。

また、各校に、会計士試験に合格したチューターがおり、質問や相談に答えてくれるというシステムがあります。大学生のチューターの方に、どのように両立していたのか気軽に聞ける環境があったことも、CPAを選んだ理由の一つです。

CPAの良かった点

CPAで公認会計士試験に向けて勉強していく中で、最も印象的だったのは、テキストです。特に初学者の場合は、最初にテキストを見たとき、その厚さに驚くかもしれませんが、それはテキストが丁寧に作られている故です。

例えば、どうしてそのような会計処理をするのか、であったり、どうしてこのような判例があるのか、であったりが論理立てて説明されているため、非常に分かりやすく、また、頭への定着にも役立っています。加えて、こまめに例題が配置されていることで、理解度のチェックも適時に行うことができます。

他にも、重要性が四段階に分かれていることで、時期や学習状況に合わせて強弱をつけて勉強でき、効率的に重要論点を抑えることができたと思います。

CPAの丁寧なテキストが、私の一発合格の主要因になったことは間違いないです!

公認会計士を目指した理由

大学1年生の時、大学で開講されていた簿記講座を受講していました。その際、講師の方が公認会計士だったこともあって、授業の合間に公認会計士とはどのような存在なのかについて説明してもらえる機会がありました。そこで始めて会計士の存在を知り、そして興味を覚えました。

財務諸表が適正であるかどうかについて監査することで、円滑な経済活動をサポートする、という点にかっこよさを覚え、会計士資格の取得に向けて勉強を始めました。

その後も、色々な業界に関われる点や、若いうちから企業の経営陣と対話できる点などを知ってより一層興味を惹かれ、勉強を本格的に始めることにしました。

また、会社法や経営学の勉強をしていく中で、大学生時代のうちに、社会の仕組みやルールについての知識を得ることができ、結果的にですが、この点も目指してよかった理由の一つとして挙げられます。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する