一度短答式試験に落ちてしまいましたが、そんな時も講師が何度も相談に乗って支えてくれました ---原田 大渡さん

CPAを選んだ理由

当初は他校で学習していたのですが、学習当初だったため分からないことが山積みで、不安に感じていました。

CPAは質問にはすぐ対応できることを売りにしており、メールでの質問も迅速に対応してもらえるということで移籍を決断しました。結果的に、数え切れないほど講師やチューターに質問を重ね、疑問点を解消しながら合格できたので移籍して良かったと考えています。
また、CPAでは科目ごとに複数の講師の講義が用意されているので、自分に合った講師を選んで受講できる点も良いと感じました。

CPAの良かった点

一つ目は、講師との距離が近い点です。いつでも講師との面談を予約でき、自分の学習状況を点検してもらえることは他校にはない魅力だと思います。公認会計士試験のプロである講師の助言は大変参考になるので、つまずいた時にはいつも講師にアドバイスを貰ったり、難しい論点を教わっていました。
二つ目は、通信学習環境もしっかり整っているという点です。私が学習をしていた時期はちょうどコロナの蔓延が深刻であり、外出もままならない状況でした。そんな中でも、オンラインにて講義を自由に閲覧でき、空き時間を利用して効果的な学習ができました。特にCPAでは、科目ごとに複数の講師を選べるため、自分に合った講師を選択できたのも良かったです。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由は、専門性という武器を手に入れたいと考えたためです。大学に入学した当初より、何かを専門的に学びたいという意欲はありました。しかし、自分は社会系の学部であったため、就職を見据えた場合どうしても専門性という面で法律系や商学系の学部より劣ると思い、資格を武器にしたいと考えるようになりました。その際公認会計士という職業を知り、目指そうと思いました。
公認会計士を目指した当初は漠然とした志望理由しか持っていませんでしたが、試験が終わって就職活動を続ける中で、いかに公認会計士という職業が社会から必要とされているのか身をもって感じました。私は監査法人ではなくアドバイザリー会社に進むことを選択しましたが、これも公認会計士のキャリアが幅広い為に出来た選択です。公認会計士は財務や会計という分野で唯一無二のエキスパートであり、本当に様々な業務で活躍ができると思います。難関資格ではあったものの、自分は公認会計士を目指したことに全く後悔はありません

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

CPAはテキストの質が高く、講師もハイレベルで教材面は大変充実しています。信じて付いていけば間違いはないはずです。それでも、公認会計士試験は何度も何度も苦しい思いして、不安に陥るような過酷な試験です。勉強が苦しくなった時には、迷わず講師やチューターの方を頼ってください。
自分は一度短答式試験に落ちてしまいましたが、そんな時も講師が何度も相談に乗って支えてくれました。これから受験される方も合格をつかみ取れることを願っています。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する