歳の近いチューターが実体験に基づいて相談にのってくれるので、学習面ではない相談もしやすかったです。 ---土居 玲奈さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、いつでも質問や相談ができる環境があったからです。講師だけではなく、チューターに質問できることも魅力に感じました。実際にCPAに入学して、チューターに質問できる体制は非常に良かったです。

年の近い先輩方が、実体験に基づいて相談にのってくださるので、精神面など、学習面ではない相談もしやすかったです。

2つ目は、教材が非常に見やすいと感じたからです。図を使い、詳細に説明されている点が理解を強化できると感じました。また、論点ごとに重要性のランクが付けられており、強弱をつけて学習できると思いました。

入学後は実際にランクによって復習の頻度や理解度を変えて学習することができたため、効率的に学習をすることができました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、大きく分けて2つあります。 1つ目は、いつでも講師やチューターに質問できたことです。直接校舎でその場にいる講師やチューターに質問できます。

また、家で学習している際にも電話やメールで質問できるため、質問ができなくて困ることは一度もありませんでした。特にコロナ禍で自習室が閉鎖になった際には、そのおかげで安心して学習を進められました。

2つ目は、自習室が大学と近く、学習に割く時間を増やせたことです。大学の講義の合間に自習室へ行くことができたので、効率よく学習できました。自習室には同じ目標に向かって毎日学習している仲間がいたので、そのような環境に身を置けたことは非常に良かったです。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、大学生活の中で、何か1つのことに集中して取り組みたいと思ったからです。大学入学当初は、目的を持たずに大学に通っていました。夏休みに入り、4年間を何もせずに終わらせたくないと感じ、大学の講義で興味を持っていた会計の学習を始めました。

公認会計士試験に合格した先輩方のお話を聞き、若い内から様々な業種に触れることができる点や、資格を持ち、誇りをもって働ける点に魅力を感じ、公認会計士を志しました。

2つ目は、女性として働きやすい環境があると感じたからです。私は将来、精神面や金銭面でも、自立した大人になりたいと思っています。ただ、女性特有のライフイベントもあり、不安もありました。公認会計士ならライフイベントの後も継続して経験が活かせるので、魅力を感じました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士試験は、合格までの道のりが非常に長く、途中で何度もくじけそうになることがあると思います。そんな時、CPAの講師やチューターは、快く相談に乗ってくれます。

私は、学習の内容だけでなく、学習計画の立て方やメンタルの保ち方まで、多くのことを教えていただきました。最後まで諦めず、時には講師に相談し、合格を勝ち取ってください!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する