電子化された教材もあるため移動時間なども効率的に学習することができました ---谷口 廣真さん

CPAを選んだ理由

サムネイル画像

CPAの無料公開講義や教材を拝見し、その質の高さに魅力を感じたことが移籍したきっかけです。

具体的には、本試験の監査の成績が伸び悩んでいたため、松本講師の監査論の講義を受講しましたが、監査論の全体的な体系や論点、ロジックが意識された内容で、今まで曖昧だった監査論の学習が変わると感じられたことです。

また、教材においても実際にその内容を確認し、他校の教材よりも使いやすさを感じました。 さらに、植田講師の経営学の講義も受講しましたが、今まで受けたどの講義よりも経営学を学ぶことの面白さを感じられ、その教材も受験生の視点で経営学が面白く感じられるように作られていると感じました。

監査論や経営学に限りませんが、このような講義や教材を使っていれば、それは合格者も増えると納得できたため、移籍することを決めました。

CPAの良かった点

講師やその教材、また学習環境が良かったと感じました。 主観にはなりますが、講師の説明は分かりやすく、その講義においても画面を教材と教壇の切り替えを行ったりしてスムーズに進められることや、講師陣の工夫された講義を受けられるなどメリットが感じられるのも良かったです。

また、教材もすべての科目において、学習しづらいと感じた教材はなく、電子化されたテキストやコンサマ等の小型の教材もあるため、移動時間なども効率的に学習することが出来ました。 そのため、学習方法など悩まずに予備校を信じて学習し続けることが出来たのが良かったと思います。

また、校舎においても、iPadの貸出があったり、他校と比較して集中しやすい机の存在など、学習環境においても不便さを感じることがなかったことも良かった点です。

公認会計士を目指した理由

学生時代に何か挑戦できることは無いかと考えたときに、大学から公認会計士の案内を受けたのがきっかけです。

また、学生時代では、具体的な将来像を描くことができず、公認会計士になれば、監査を通じて色々な業界の知見を高めることができ、具体的な将来像を描けるようになれるのではないかと考えたのも目指した理由になります。

さらに、合格できた場合には、経済的にも安定した地位を得やすいという点も魅力に感じました。 公認会計士試験は、難関試験であり、必ずしも合格できるかは分かりませんが、受験科目が多岐にわたり、それらを学ぶということは、たとえ合格できなくても、その学習自体は将来無駄にならないだろうと考えたことも受験を後押しした理由のひとつになります。

学習を継続させるコツ/苦手科目の克服方法

自分が試験に合格することを公言するなど自らにプレッシャーを与えることも、学習継続のコツになるかもしれません。

苦手科目の克服は、何が原因か特定するのは難しいですが、時間配分がそもそも少ないのか、アウトプットをしていないのか等分かりやすい原因から分析していき、自己解決出来ないようであれば、周りに相談してしまうのが良いと思います。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

CPAは公認会計士を目指す上で最適な環境です。 他校を経験しているからこそCPAの良さが分かりますので、CPAを信じて公認会計士を目指して頂ければと思います。

合格したいという気持ちを持ち続ければ、合格するために必要な学習方法、姿勢は自ずと変わっていきますので、安心して日々取り組めることを地道に続けて頂ければと思います。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する