1発
合格

サポートが手厚く、現状の成績から実力を分析して何をやるべきか明確にできて良かったです。 ---古林 望さん

CPAを選んだ理由

サムネイル画像

まず高校時代の先輩が何人もCPAで合格していたため、CPAに興味を持ちました。

簿記3級の無料講座がCPAで行われていたため、お試し感覚で受講しました。その中で、講師の説明や教材の分かりやすさからCPAに入校しようと思いました。

また、無料講座の頃から講師やチューターの方に声をかけて頂いて、講師やチューターとの距離が近いという点もCPAを選んだ理由です。

そして、CPA受講生の合格率が他の予備校と比較すると高く、入校した生徒を最後までしっかりとサポートする予備校なのだと感じ、CPAへの入校を決めました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、各受講生へのサポートの手厚さです。私は受講生時代、何度もカリキュラムから遅れてしまっていました。しかし、講師やチューターが相談に乗ってくれて、学習計画の立案を手伝って頂いたり、現状の成績から実力を分析して何をやるべきか明確にして頂きました。

公認会計士試験に合格するためには正しい学習法で努力を積み重ねることが非常に大切です。CPAには数多くの講師やチューターがいて、正しい学習法を細かく教えて頂きました。

また、チューターの中でも上位合格された方、短期間で合格された方など様々な経緯をもった方がいるので、自分と似たような境遇のチューターからアドバイスを頂くこともできました。

そして、質問の窓口の多さもCPAの良い点だと思います。対面形式での質問はもちろん、電話やメール形式の質問もあります。また、講師を指定して質問を予約することもできます。予約はネットでもできるため気軽に質問できました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志した理由は公認会計士のキャリアに魅力を感じたからです。まずスタートキャリアとして、公認会計士試験があり、この試験に合格して監査法人に就職するプロセスが自分に合っていると感じました。

なぜなら学生時代に大学や予備校で学んだことがそのまま仕事に直結するため、学生時代の努力が専門性として反映されるからです。

また、私が商学部に所属し会計を学んでおり、身近に公認会計士試験に合格した方もいたため、会計士という職業に興味を持ちました。さらに監査法人に就職した後も会計士としての可能性を広げられるキャリアの幅の広さに魅力を感じました。

公認会計士という資格を取得することで、転職でも多くの選択がある点が良いと思いました。

学習を継続させるコツ/苦手科目の克服方法

学習を継続させることは公認会計士試験に合格するために最も重要と言っても過言ではありません。同時に長期間学習を継続させることはとても難しく、私自身学習を継続させることにとても苦労しました。

学習を継続させるためには、まず学習を継続できるような環境に身を置くor環境を作ることが大切だと思います。本試験が1年以上先にある場合、「学習しなければならない」と頭では分かっていても、やる気が出なかったり、「後で巻き返せるだろう」と思って後回しにしてしまうことがあるかもしれません。その様な場合はまず学習を継続できるような環境に身を置くことが効果的だと思います。

私の場合はCPAの自習室に通うことでした。どんなにやる気のない日でも、とりあえず自習室に行き、周りの人が学習している環境に身を置くことで「学習しなければ!」と気持ちが変わりました。

もちろん通信講座などで家で学習する方もいると思いますが、その場合でも誘惑のあるものを片付けるなど、学習に集中できる環境を作ることで継続させやすくなると思います。私もコロナで自習室を利用できず、家で学習していた時はスマホをポストに入れるなどして、学習に集中できる環境づくりをしていました。

次に苦手科目の克服方法ですが、まずはなぜ「苦手=答練で点数が取れない」なのか、分析する必要があると思います。その科目の学習法が間違っていれば、いくら学習時間を増やしたところで克服するのは難しいです。

そのため、点数が取れない原因(正しい学習法ではない、理解不足、定着不足、ケアレスミスの対策をしていないなど答練の解き方に問題があるなど)を講師・チューターと相談して、把握することがとても重要だと思います。

点数が取れない原因が分かれば、その原因の改善策を明確にし、そこに重点を置くことで苦手科目を克服できると思います。

また公認会計士試験は「ある科目が苦手でも他の科目がとてもできる」状態よりも「苦手な科目はなく全ての科目がまあまあできる」状態の方が、成績が安定し、合格しやすい試験です。

そのため、苦手科目がある場合はそこから逃げずに、克服することがとても重要です。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士試験は頭が良い人でないと合格できない試験ではなく、正しい学習法で一定の努力を継続して積み重ねることで合格できる試験だと思います。範囲が膨大な試験なので、逆にどんなに頭の良い人でも一定の努力をしないと合格することは出来ません。

そのため、長期間学習を継続させる必要があり、カリキュラムから遅れないということが本当に大事です。私はカリキュラムから遅れてしまい、本試験の直近1年間はとても苦しい思いをしました。

「絶対に合格する」という強い意志は持ちつつ、日々淡々と学習を積み重ねることが重要です。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する