1発
合格

受験仲間を作れたので毎日自習室に通い学習するモチベーションを維持することができました ---村上 幹太さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は大きく分けて二つあります。一つ目は、合格率の高さです。CPAは合格率が高く、特に大学生の一発合格率が高いことを知りました。私は大学入学直後に公認会計士試験の学習を始めたため、在学中の合格を目指していました。

また、大学1〜2年で公認会計士試験の学習をするため、一発で合格して3年生以降は自由な時間を得たいと考えていました。そのため、大学在学中の合格率の高いCPAを選びました。

二つ目は、質問しやすい体制です。CPAでは、予約をしていなくてもいつでも合格者チューターに質問することができる体制が整っています。公認会計士試験の学習をする上では様々な疑問点が生じますが、その際にすぐに疑問点を解消できるのはとても良いと感じました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は二つあります。一つ目は、講師や講義を複数ある中から選べる点です。CPAでは、同一の教材、同一の進捗度で、講師や講義を複数ある中から選べます。そのおかげで、少しわかりにくい部分があった場合にも、他の講師の説明を聞くことで理解できました。

二つ目は、自習室の雰囲気です。CPAには、自分と似たような状況の受講生が多く、そこで多く友達を作れました。一緒に学習する友達を作れたことで、毎日自習室に通うモチベーションを維持することができました。

挫折せずに学習を継続することは公認会計士試験において難しい点の一つだと思いますが、その点をクリアできたことは良かったと思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、大学生の内に何か専門的なものに打ち込みたいと思ったからです。私は就活を上手く進められる自信がなく、自分の武器を一つ身につけたいと思っていました。

その点、公認会計士試験は、試験こそ難しいものの、試験に合格することで高い専門性を身につけることができます。私はこの点に魅力を感じました。

また、健全な資本市場の発展のために監査を行うという公認会計士の業務内容に憧れたのも理由の一つです。私は大学に入学するまで、公認会計士という職業をほとんど知りませんでした。

しかし、CPAのガイダンスで公認会計士について知るとともに、上記のことについて聞いてとても感銘を受け、公認会計士を目指すことにしました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士試験は難解な上に分量が多く、挫折しそうになることがあると思います。しかし、その大変さゆえ、得られるものは多くあります。

CPAには、講師、チューターをはじめ、大変な受験生活をサポートする体制が整っています。また、自習室には一緒に公認会計士を目指す仲間が多くいます。

是非CPAを信じて、合格まで突き進んでほしいです。この合格体験記をご覧になっている皆様が合格できることを祈っています。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する