自分に合った講師の講義や教材を選択できるので効率良く学習できました ---片岡 泰佑さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は主に2つあります。 1つ目は、理解重視の講義を展開していた点です。公認会計士試験を突破するためには、膨大な知識の暗記が求められます。

理解が浅いまま闇雲に暗記をしてもすぐに忘れてしまうため、理解しながら学習をすることが非常に重要です。私は理解した上で学習しないと中々先に進めないタイプだったので、CPAが提供する理解重視の講義は非常に魅力的に感じました。

2つ目は、講義の質です。CPAでは多くの有名講師が講義を行っており、また年々他校の優秀な講師も移籍されています。このような有名講師による講義を受けた方が学習内容を理解しやすく、効率良く学習ができると感じました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は主に講義・教材の質と質問対応制度が充実していることです。 まず教材は、理解を重視した図や具体例を駆使した分かりやすい解説に加えて、コントレや論文対策集といった個々のニーズに合わせた豊富な教材が揃っています。数ある教材の中から自分に合った教材を選べることが特徴だと思います。

また、年々講師の数も増えており、自分に合った講師の講義を選択できることも他校に負けていないと思います。

次に質問制度ですが、CPAには常に講師の校舎に常駐しており、電話で質問できるサービスも充実しています。 自分は、論文の財務会計論理論の答案を細かく見ていただきたかったので答練ごとに必ず答案を持って行って質問し理解を深めていきました。

また、優秀なチューターも数多くいます。チューターに質問をする事で、優秀な合格者がどの程度まで論点を理解しているかのレベル感を知ることができ、学習の効率を上げる事ができました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は2つあります。 1つ目は、学業を通じて何か形として結果を残したかったからです。 受験は平等な勝負であり、また受験を通じて得られる思考力は今後の人生においても財産になると思えたことが始まりでした。

その中で、公認会計士は三大国家資格の一つでありながらも一部の優秀な人しか受からない資格ではないという点に魅力を感じ挑戦を決意しました。

2つ目は、学習を進めていく過程で知ったことではあるのですが、公認会計士という資格は多様な分野で活躍できる魅力があると思えたからです。 私は将来的に世界中の人とコミュニケーションを取りグローバルに活躍できる人材になりたいと考えています。

また、昨今グローバル化が大きく進展する中で、日本経済を活性化させるべく日本企業の盛んな海外進出が求められています。公認会計士という肩書きで監査法人や税理士法人等といった会計に携わる業界に入ることで理想とするチャンスも広がると思いました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

中小の監査法人で働いていて感じたことですが、公認会計士という資格は本当に多様なフィールドで活躍できる資格です。 自分のキャリアを切り拓いていく上でこの資格をどう活かすかが大切かと思いますが、自分のキャリアのチャンスが広がった事はとても嬉しいことだと思います。

これからCPAで学習される方も、CPAの教材と講師を信じて受験生活を楽しんで目指していけたらきっと良い結果に繋がると思います。頑張ってください!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する