1発
合格

その後のキャリアや人生を考えてくれることもCPAの良さの1つだと思います ---佐伯 美月さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由の一つは、充実したフォロー体制に惹かれたからです。

具体的にはいつでもチューターに質問できるため、タイムリーに疑問を解決できる点、自分の学習スタイルに応じて質問の方法を対面・電話・メール・オンライン相談から選べる点や数多くの講師から自分に合う講師を指名して相談できる点であったり、質問や相談をできる数に制限がない点に魅力を感じました。

また、大学のテスト期間には講義や答練を実施しないカリキュラムとなっていたり、答練も適度な数に抑えられていて、学業等との両立ができそうだと感じたことも決め手の一つです。

試験勉強以外のやりたいこととも両立したいと思っていた私にとって、ベストな学習環境だと考えました。

CPAの良かった点

フォロー体制は、CPAで学習を始める際の決め手であったと同時に、学習をしている間もずっと魅力に感じていました。

特にお世話になったのは、チューターへの質問・相談制度です。いつでも聞きに行けたため、すぐに疑問を解決し、学習をスムーズに進められました。

また、公認会計士試験だけをゴールとせず、その後のキャリア・人生のことも考えてくださることもCPAの良さの一つだと思います。試験に合格すること自体も大切ですが、その先には受験期間より遥かに長い人生があります。CPAはそこを見据えて、受験生向けのキャリアイベントや、講師やキャリアサポーターとの面談を実施してくれていました。

イベントや面談は、学習のモチベーションになったことはもちろん、今でもキャリアを考える際の大きな指針になっています。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由の一つは、セーフティーネットとしての資格を得たかったからです。それを持ち合わせていれば、ライフイベントを迎える際の不安を軽減できたり、大きな物事に挑戦する際の後押しになるのでは  ないかと考えていました。

また、企業の社会貢献活動に携わる機会があったのですが、利益を追い求めず資金的制約も大きいという性質上、なかなか規模を拡大できないことに悔しさを感じていました。

この経験から、社会課題の解決に挑む企業を資金面でサポートできる人になりたいという思いが芽生え、会計やビジネスの基礎を培える公認会計士試験への興味を持ち始めました。これらの考えを掛け合わせ、公認会計士を目指すことを決意しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

受験期間は変わり映えがなく、前に進んでいる実感をなかなか持てないものです。ですが、自分では気付きにくいだけで、「分からなかったことが分かるようになった自分」「できなかったことができるようになった自分」は存在するはずです。

辛くなったら学習初期からの成長の軌跡を思い返してみてください。そして、少しずつながらも着実に歩みを進めているご自身に誇りを持ってください。きっと、また一歩前に進もうとする原動力が生まれてきます。心より応援しております!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する