メールでの質問でも多くの疑問を解消することができ合格に大きく近づけました ---小池 拓未さん

CPAを選んだ理由

私は短答式試験合格までは他の予備校に所属していました。短答式試験に合格したのが大学4年の5月で、短答式試験に特化した学習をしていたため、その年の論文は絶望的でした。

当時は一人暮らしでしたが、大学卒業後は実家に戻り、受験専念という形で試験に取り組むことを決めていました。また実家が地方であるため、通信で受講することになりました。

そこで、CPAの通信での充実した相談・質問制度に魅力を感じ、CPAに申し込むことを決めました。実際、周りに受験仲間がいない通信での受験生活において、講師との電話相談はモチベーションを維持する上で非常に助けられました

また、メールでの質問でも多くの疑問を解消することができ、合格に大きく近づくことができたと思います。

CPAの良かった点

相談・質問制度が非常に充実している点がCPAの良い点であると感じました。定期的に講師と電話相談することで、遅れがちな進捗をより意識することができ、進捗管理を適切に行うことができました。

また、学習に対するモチベーションの維持においても非常に助けられました。模試や答練後に相談することで、今まで通りの方向性で学習を進めるのか、それとも方向性を修正するのか、またどのように修正するのかをはっきりさせることができるため、安心して学習に取り組むことができました。

加えて、複数いる講師の中から自分に合った講師を選ぶことができる点もCPAの良い点であると感じました。自分に合った講師を選択することで、よりストレスなく効率よく学習できると感じました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、公認会計士の資本主義社会における役割の重要性や、幅広いキャリアプランが選択可能である点に魅力を感じたからです。

商業高校を卒業した私は、大学では高校で学んだ簿記をより深く学習しようと思い、日商簿記1級に取り組んでいました。

その中で、学習仲間の一人が公認会計士試験に挑戦すると聞き、公認会計士という職業を知りました。それまで公認会計士という職業を知らなかった私は公認会計士について調べ、上記の魅力について知りました。

また、試験の難易度が非常に高く、合格には膨大な時間を要するため、学習に多くの時間を割ける大学生が有利であると考え、公認会計士試験の学習を始めました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

同時期に学習を始めた友人の中には、在学中に一発合格した人や、受からずに撤退し就職活動に切り替えた人もいました。また、自分より遅く学習を始め自分より早く合格した人もいました。

様々な誘惑があり、学習を続けることが辛くなった時期もありましたが、合格した今振り返ると、誘惑を断ち切り諦めず学習を続けて本当に良かったと感じます。 結果が出ず辛い時期もあると思いますが、最後まで諦めずに頑張ってください。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する