CPAはアットホームな雰囲気で講師やチューターと距離が近くモチベーションを維持できました ---中村 颯斗さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は主に3つあります。1つ目は自分の通っている早稲田大学から近かったことです。大学からは歩いてすぐだったため、通学講座であれば大学に通ったついでに行くことができるのでいいなと感じました。

2つ目の理由は、通っている知り合いが多かったこと、あとは「公認会計士をやろうよ」と誘ってくれた友達がCPAに通っていたのが理由です。元々知っている人や仲が良い人がいることでより学習がしやすくなる、切磋琢磨しあえると思いました。

最後の理由は、圧倒的な合格率です。駅にポスターが貼られていて、それをよく目にしたことで印象に残っていたのだと思います。

CPAの良かった点

CPAの一番良かったと思える点はなんといってもアットホームな雰囲気です。講師やチューター、受付の人達がとても話しやすく、色々なことを相談できる点が他の予備校とは圧倒的に違う点だと思います。

特にチューターとの距離の近さは学習を頑張ることのモチベーションに大きく関わっていたと振り返って感じています。

また、教材のレベルが高い点もすごく良かったです。それぞれの論点に重要度が振られており、1人ひとりの実力や学習状況にあった学習法を実践でき、効率よく学習できました。また答練の質の高さも良かった点です。

公認会計士を目指した理由

付属校出身であったため、一般入試で大学に入られた方々との学力の差を入学当初感じていました。そのため大学で何かをしたいと考えた時に、留学が第一に思い浮かび英語の学習をしたのですが、なかなか点数が上がらずにいました。

そんな時、友達に「公認会計士の学習をやろうよ」と誘われて、お話を聞きに行きました。その際に、この資格を取れば将来生活が不安定になることはなさそうだなと感じたのと、今後の自分の選択肢の幅を広げることができそう、自分自身に合っているなと思い公認会計士の受験勉強を始めました。

私は学習をしていく中で公認会計士になろうと決めたので、学習を始めた当初は公認会計士になろうとは思っていませんでした。しかし公認会計士になることで自身のキャリアの幅を広げられると感じ、公認会計士になりたい!と考えるようになりました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

試験勉強は何度挫折するか分からないし、大変なこともあると思います。しかし、そのかわりにかけがえのない受験友達、そして最強の資格を手に入れることができます。

また、今後の人生においての大きな自信につながると思いますので、辛い時はチューターに相談して、頑張ってください!本当に応援しています!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する