校舎に通っていなくても、講師に質問しやすい環境が整っていたところが良かったです。 ---冨田 真洋さん

CPAを選んだ理由

サムネイル画像

予備校選びの際に様々な予備校の無料体験講義を受講しましたが、CPAの講義では、その会計処理がなんで必要なのか?という理由まで丁寧に説明しており、他の予備校の講義に比べ分かりやすく、私には合っていると感じました。

CPA は大学生の在学中合格率も高く、多くの大学生が学習をしていたため在学中に合格しやすいのではないかと考えました。私は通信講座を選択したことにより通学時間を学習に充て、効率的に進めることができました。

また、スクーリング制度の利用により通信講座であるにも関わらず通学講座の様な環境が整えられており、CPAの通信講座は通学講座に引けを取らないと実感しています。

CPAの良かった点

私は通信講座でしたが、校舎へ通っていなくても、講師に質問しやすい環境が整っていたところが良かったです。

また良かった点は、教材のクオリティの高さです。特に、例題や具体例を用いた丁寧でわかりやすいテキストに関心しました。また実践的で様々な視点からの問題が豊富な問題集、本番で実際に問題を解く実力を身につけることができる答練や公開模試、どの教材をとってみても合格するために必要な要素が揃っていると言えます。

また、講義ごとに自分に合った講師を選択できる点も自分の実力を高めるのに最適だったと思います。自分に合った講師を選択できる点や、講師によって理解の着眼点の仕方が違うので新しい視点から論点を見ることができる点もCPAならではだと思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、学生時代に何か熱中できるものを見つけたかったからです。大学に入学した当初は、アルバイトやサークル活動に励んでいましたが、このまま何も形として残さないまま学生生活を終えてしまっていいのかと考えていました。

そのような将来に対する漠然とした不安を解消するために、難関資格である公認会計士試験に挑戦しようと決意しました。試験勉強を始める直前には大学の講義との両立が困難だと感じていましたが、高い壁を乗り越えると絶景が見れると決心し公認会計士を目指しました。

また、公認会計士の活躍する場面は幅広く、大きな組織に属して規模の大きな仕事に関わることやこれから先の仕事の選択肢が広がることにも魅力を感じました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士試験では、特に論文式試験において暗記や浅い理解で対応することは正直難しいです。しかし、CPAではクオリティの高い講師や講義、質の高い教材、答練や公開模試によって公認会計士試験を合格するだけの実力は身につけられると感じました。

これからCPAで公認会計士を目指す方には安心してCPAで学習してほしいです。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する