学習を進めていく上で講師との相性は大切なので、自分に合った講師を見つけられる点が良かったです ---宮崎 雅崇さん

CPAを選んだ理由

まず、CPA会計学院を知ったきっかけは大学で配っていたチラシでした。 私はチラシをもらった前日に家族と公認会計士の話をしており、チラシをもらった時は公認会計士の学習を始めるかまだ決めていない状況でしたが、このタイミングでチラシをもらうのは何かの運命だと思い、CPA会計学院で公認会計士の学習を始めることを決心しました。

ほとんど直感で予備校を選んだため、正直CPAについてあまり詳しくありませんでしたが、CPAの合格率の高さや合格者が年々増加していることには魅力を感じていました。 また、公認会計士講座申し込み前の受講生相談の際にお話した方が親身になって相談に乗ってくれたことも決め手の一つでした。

CPAの良かった点

CPAの良かった点の1つ目は、自分に合った講師を選んで講義を受けられる点です。CPAには個性的な講師が数多く在籍しており、講義スタイルもそれぞれ異なります。そのため、自分に合った講師を見つけられます。学習を進めていく上で講師との相性は非常に大切なので、魅力的な講師陣から自分に合った講師を見つけられる点は良かったです。

2つ目は講師やチューターを中心としたフォロー体制が充実している点です。CPAではいつでも相談や質問を行えます。私は月1回のペースで講師に相談をし、チューターにも積極的に質問をしていました。講師との相談では学習計画の修正等を行いました。

1人で考えても理解ができない論点があってもすぐチューターに質問できる環境があったので効率良く学習できました。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由は主に2つあります。1つ目は、私は将来的に企業経営に携わりたいという思いがあったので、公認会計士の資格に魅力を感じました。

会計財務の専門性を身に着けられる公認会計士資格は将来活躍するための武器になると考えて学習を始めました。また、公認会計士資格の持つ高い社会的信頼性も大きな魅力でした。

2つ目は、大学生活の目標になると考えたからです。 この背景には、大学受験の経験があります。私は部活動と並行して目標の大学に合格しました。この経験から部活動以外の分野でも自分の可能性に挑戦したいと思いました。そのため、体育会と難関資格である公認会計士試験の両立に挑戦することを決心しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

これから公認会計士試験に合格するまでに多くの困難があると思います。もしかしたら諦めたくなることもあるかもしれません。しかし、そんなときこそ家族や友人、CPAの講師を頼って最後までやり抜いて欲しいです。

「なぜ公認会計士になりたいのか」という目的意識を常に持って挑戦し続ければ、必ず合格できるのでCPAを信じて合格まで頑張ってください。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する