自分に合った講義を選択できたので、とても効果的な学習が出来ました ---矢野 雷斗さん

CPAを選んだ理由

短答式試験に合格した後、論文式試験に向けて学習するタイミングで他の予備校からCPAに移籍したのですが、その理由は3つあります。

1つ目は、CPAの豪華な講師陣です。短答式試験の際、答練をたくさん回転させ暗記量で乗り越えたので、論文式試験に向けた理解が圧倒的に不足していました。CPAに移籍することで、自分に足りなかった理解をより効率的に高められると思いました。

2つ目は、予備校としての規模の成長です。毎年合格者数が伸びており、他の予備校よりも魅力的に感じました。

3つ目は、充実した学習環境です。サポートの手厚さや、自習室で周りの人達がみんな公認会計士を目指して学習している環境が、自分のモチベーションを支えてくれました。以上のことから、他の予備校からCPAへの移籍を決断しました。

CPAの良かった点

CPAで実際に学習をした中で、最も良かったと思ったのは、学習環境の充実度です。

講義はどの科目も、自分の理解が不十分だと思ったところを部分的に受講するようにしていたのですが、1つの科目の中にも、レギュラー講義、圧縮講義、論文対策講義などいくつもの選択肢があり、さらに何人もの講師の中から選べました。自分に合った講義を選択できたので、とても効果的な学習が出来ました。

また、元々は水道橋校に通っていたのですが、論文式試験の2ヶ月ほど前に新しく新宿校がオープンしたので、そちらで毎日自習していました。とてもキレイな校舎で快適に自習できたため、朝から晩まで使用していてもまったく苦痛ではなかったです。とても感謝しています。

公認会計士を目指した理由

子どもの頃から算数や数字に関わることが好きで、そんな自分に祖母が薦めてくれたのが公認会計士でした。

大学時代、一般企業の就活中に公認会計士として事務所を立ち上げ独立した人と出会いました。そこで、公認会計士という資格は「キャリアの選択肢を広く持つことができ、そこから自分次第で活躍ができる資格」であることを知りました。

また、その人の自由に働きながらも大きなやりがいを持ち、多くの人から感謝される仕事に誇りを持つ姿が私にはとても輝いて見えました。

大きな社会的意義があり、自らが大きく成長できることに惹かれ、自分の「色」を持った会計のプロフェッショナルとして活躍するべく公認会計士を目指しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

自分は3年間ほど学習した後に合格しましたが、間違いなく今までの人生でいちばん大きな山でした。合格発表の日、自分の番号を見つけてから、世界が輝いて見えるようになりました。

1回目の論文式試験に落ち、絶望していた時に父親から貰った言葉で、とても支えられた大好きなMr.Childrenの星になれたらの一節を紹介します。

「長く助走を取ったほうがより遠くに飛べるって聞いた そのうちきっと大きな声で笑える日が来るはず 動き出した僕の夢 深い谷越えて 虹になれたらいいな」

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する