1発
合格

質問すると理解できるまで丁寧に対応してもらえたので安心して学習を進められました ---品川 晃誠さん

CPAを選んだ理由

サムネイル画像

私が予備校選びの際に最も重視した基準は「講義のわかりやすさ」です。これから2年間、公認会計士試験の学習に多くの時間を費やすなら楽しんで進められるような、なるべく分かりやすい講義を実施している予備校に入ろうと考えていました。

そこでCPAを含めた3つの大手の予備校に実際に足を運んで、簿記の体験講義を受けることにしました。その際に、CPAで受けた簿記講座の講義が大変わかりやすく、理解を促すような講義で感動しました。

当時の私は、それまで簿記や財務諸表という言葉を聞いたこともないほどの初心者でしたが、そんな学習経験のない方でも安心して学習を継続できる環境がCPAには整っていると感じました。 CPAは家から離れていたので、通学に時間がかかるという個人的な問題がありましたが、その問題を覆すほどCPAの講義が最もわかりやすいと感じたため、CPAを選びました。

CPAの良かった点

実際に在籍して感じたCPAの良かった点は、主に2つあります。まず一つは、上述した「講義のわかりやすさ」です。一人一人の講師が、教材開発や講義展開を試行錯誤しているため、どの科目の講義も初心者でも理解しやすい作りになっています。

2つ目は、「質問のしやすさ」です。毎日、合格者チューターが常駐しているため、少しでも学習の進め方で不明点が出たときに、すぐに質問できる環境が整っていました。

学習を進めていると、どうしても分からない部分を放置してしまうことがありますが、CPAではいつでも自由に質問できる環境が整っています。また講師やチューターはこちらが理解できるまで丁寧に対応してくれるので、疑問点を一つずつ解消しながら安心して学習を進められました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志した理由は、財務諸表監査を通じて様々な企業のビジネスモデルに触れる機会を得るためです。

大学1年生のときに、授業の一環で、様々な企業や業界に属している方々のお話しを聞く機会がありましたが、そのときに特定の業種に長く従事するよりもなるべく多くの業界に触れて、幅広い経験をしたいという知的好奇心を感じるようになりました。

その後、公認会計士試験に合格しているサークルの先輩と出会ったことをきっかけに、公認会計士という職業の存在を知りました。その方から詳しく話を聞くうちに、公認会計士の独占業務である監査であれば複数の業界に関与できると考え、自分の知的好奇心にぴったりな仕事であると判断し、公認会計士を志しました。

学習を継続させるコツ/苦手科目の克服方法

私は学習を継続させるために、普段の答練をペースメーカーにしていました。本試験まで期間があるときは、本番までのイメージが湧かず、なかなか学習に対してモチベーションを持つことは難しいと思います。

そこで、「次の答練で必ずA判定を取る」、「次の答練で苦手論点が出題されたら必ず正答出来るようにする」など自分なりに答練に対して目標を設定し、現時点から比較的短い目標を設定することで、モチベーションを高めるようにしていました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

CPAの魅力は、講師やチューターに質問をしやすい環境が整っていることだと思います。学習をするうえで分からない点や不明点が出てきたときに、自分一人で抱え込むのではなく、積極的に質問をすることを推奨します。

私自身、受験生時代に理解できない論点や試験に対する不安など幅広い内容にわたって質問をして解決するようにしていました。CPAは、“分からない“から”分かる”ようになるまでとことん付き合ってくれる予備校です。

ぜひ公認会計士を目指すならCPAを選んでほしいと思います。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する