自分が最も理解しやすいと思う講師を選択できるので学習の能率も上がりました ---久保 楓弦さん

CPAを選んだ理由

サムネイル画像

私がCPAを選んだ理由は2つあります。 1つ目に合格者数や合格率の高さに信頼を置けたからです。入塾当初は、単純に合格者数のみで比較すると他の大手予備校が優っていましたが、在学中合格者数や合格率を見るとCPAは他の予備校を圧倒しており、CPAが合格に最も確実に近づけると考えました。

2つ目に教材の情報量が豊富であるからです。CPAの教材は他の予備校と比べてページ数が多く、最初は果たしてこの教材を全て理解できるのかという不安もありました。

しかし、学生の間に確実に合格したいと考えていた私は、分厚く網羅的に記載されているテキストは自分の合格への自信につながると思いました。また、各教材には重要度が振られているため、詳細に解説されている中でも優先順位をつけ、効率良く学習できました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は2つあります。 1つ目に受講生間の交友があり、切磋琢磨して学習を進められた点です。私が長い受験生生活に負けず合格まで辿り着けたのは、励まし合う仲間がいたからだと思います。

私はCPAでたくさんの方と知り合うことができ、答練のスコアを競い合ったり、分からないところを質問し合ったり、学習以外の時間も共に過ごすことができ、非常に充実した学習生活を送ることができました。

2つ目に自分に合った講師の講義を受けられる点です。CPAには各科目複数の講師が在籍しています。自分が最も理解しやすいと思う講師を選択できるので、難しい論点も理解しやすく、学習の能率も上がりました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は2つあります。 1つ目に大学の外部受験生組に負けない強みが欲しいと考えたためです。私は内部進学で大学へ入学しているため、外部から入ってくる生徒との学力面の差を懸念していました。

そんな中、公認会計士という資格を取れば就職活動やその後のキャリアにおいて強いカードになるし、また会計のプロとして働くことができると知り、今後の人生において人に負けない強みが得られると思い、非常に魅力を感じました。

2つ目に海外勤務のチャンスがあると考えたからです。私はバイリンガルではないため将来海外勤務を経験するのは難しいと考えていました。

しかし監査法人では、入社当時は英語が苦手だった方が、その後英語を学習して海外勤務を経験できたという方も多くいらっしゃることを知りました。そこで監査法人ではバイリンガルでない私も英語の実力を持つことで、海外で活躍できるチャンスがあると考え、公認会計士を志しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士試験は、当初私が考えていたよりもかなり難関な試験でした。振り返ってみると答練で点が伸びなかったり、講義スケジュールに置いて行かれそうになったりと、辛いと感じることは多々ありました。

しかし、CPAには共に頑張る仲間や、受験生の気持ちを最もよく知る講師・チューターが支えてくれる環境があります。そして何より、合格した瞬間の達成感や将来への期待感はそれまでの辛さを全て忘れてしまうほど大きいです。

これからCPAで学習を始められる皆さんも、辛いこともあるかと思いますが、合格という最高の瞬間を目指して頑張ってください!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する