1発
合格

CPAの講師やチューターは校舎に常駐しており、分からない論点もすぐに的確に答えてくれました ---島田 陸さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は二つあります。 一つ目は、講義のわかりやすさです。私はCPAへ入学する前に、簿記三級・二級の体験講座を受講していました。この体験講座では簿記の基本を学習できるのですが、とても面白く、スムーズに理解することができました。

また、講師の説明も聞きやすく、講義後にわからないところがあって質問へ行った際は快く答えてくれました。

二つ目は、CPAが特に大学在学中の一発合格者の割合が高かったことです。CPAの校舎は大学からのアクセスが良く、講義の隙間時間に自習室へ通って学習していました。また、大学の期末試験の時期はカリキュラムも一時的に停止するなどの配慮もされており、学校の学習とCPAの学習をうまく両立できる環境でした。

CPAの良かった点

CPAの良かったところとして、チューターのサービスに関する点が挙げられます。CPAのチューターは校舎に常駐しており、質問に行けば分からない論点もすぐに的確に答えてくれました。そのおかげでさらに理解が深まりました。

また、成績が伸び悩んでいた時期には、チューターが優しく温かい言葉をかけてくれたので、継続して学習を続けられました。論文式試験の当日にはチューターが総勢で応援に来てくれて、いつも通り落ち着いて試験に臨めました。

他にも、校舎で学習をするうちに切磋琢磨し合える仲間ができたことも、モチベーションを高く維持できた要因の一つです。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、公認会計士の資格が社会に出た際の大きな武器になりうると考えたからです。 私は内部から大学へ進学したため、高校時代に受験勉強をせず、その間に自分の将来について考える時間がたくさんありました。

しかし、自分の強みや興味の範囲があまり明確ではなく、今後に対する漠然とした不安を抱いていました。自分が社会で活躍できる人材になるためには何が必要だろうかと考えた際に、公認会計士という資格の存在を知りました。

公認会計士になって独自の知識と能力を身に着けることができれば、将来のキャリアプランとして様々な選択が可能になります。そうした公認会計士という資格の強みに私は強く惹かれました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士という資格を取得するには比較的長期にわたる努力が必要です。その中で様々な困難にぶつかり、挫けそうになることもあると思います。そんな時は一人で抱え込まず、講師やチューターの手を借りましょう。

CPAには受験生をサポートするための環境が十分にそろっています。 私もこれからチューターとして、皆さんの合格をサポートしていきます。皆さんの疑問点を分かりやすく丁寧にお伝えできるよう努めますので、ともに頑張りましょう。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する