CPAの講義は理解を徹底的に追求しており、会計の知識が無かった私でも比較的容易に理解できました。 ---大橋 龍一さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は2つあります。1つ目は合格率の高さです。カリキュラムをきちんと修了すれば合格が可能であると感じたことが理由です。

2つ目の理由は講師や合格者チューターにいつでも質問・相談できる環境が整備されていた点です。公認会計士試験は難解であるため、講義を一度聞いただけでは理解できないことが予想されました。また範囲がとても広い公認会計士試験は、正しく効率的に学習することが大変重要です。そのためいつでも疑問点を質問でき、学習計画を相談できる環境は魅力的であったことが2つ目の理由です。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は2つあります。 1つ目はCPAの講義が理解を徹底的に追求している点です。公認会計士試験は難解であるため本当に理解していないと合格することは不可能です。

理解に必要なことは自分でイメージできることだと考えます。CPAの講義は自分でイメージできるようになることに強く重点が置かれていたため、会計の知識が全く無かった私でも比較的容易に理解ができました。

2つ目の理由は教材が論点ごとに重要度分けされていた点です。範囲がとても広い公認会計士試験は、正しく効率的に学習することが大変重要となります。テキストは重要度A,B,C,Dと分けられていました。重要度に応じて得意科目であればA,B,C全部をマスターすることで得点を稼げるようにし、苦手科目はA,Bだけやって合格点を守るなどの強弱を付けた学習戦略を立てられたことが2つ目の理由です。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、高度な専門性を身につけて、新たな価値を創造し、社会に貢献したいと考えていたためです。将来どのように達成しようかと様々な職業について調べました。

その中で公認会計士は会計や監査といった側面から社会の経済的インフラを支えていると学びました。そしてその経済的インフラの上に社会が健全に発展し、豊かになっていて、つまり公認会計士は間接的に社会に貢献していると考えました。

また公認会計士は自身の知識や経験、能力をもって税務や内部統制の助言等、クライアントに対する直接の貢献ができると知りました。そのためもし自分が公認会計士となったら自身の高度な知識や経験、能力によって新たな価値を創造し、社会に貢献できると考えたため、公認会計士を目指しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

CPAは高い合格率に裏打ちされた、実績のある予備校です。私自身もCPAのカリキュラムを信じて、それをこなすことで合格を掴み取れました。そのため、これからCPAで公認会計士を目指す方もCPAのカリキュラムを信じて必死に努力すれば公認会計士試験に合格することは十分可能だと思います。

一度きりの人生を充実させるため、私もまだまだチャレンジしていきますが、皆様も新しいチャレンジとしてCPAで公認会計士を目指し、信じて努力されることを応援しております。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する