講師やチューターに相談をすると、分かるまで丁寧に付き合いスマートに解決してくれました。 ---近藤 翼さん

CPAを選んだ理由

最初は大学が提携している簿記講座を受けたことが契機でした。商業簿記3級・2級の講座を受けているうちに、公認会計士の存在を徐々に知り、身近に感じられるようになってきました。

公認会計士を本格的に目指そうとした際、当講座で提携している予備校がCPAでしたので、CPAを選びました。大学付近にある他の予備校自習室の席数よりCPAの自習室の席数の方が多かったのも魅力的でした。

また、公認会計士の学習を始める前から、公認会計士講座を行う予備校の中で急成長をしていたのがCPAだったということも理由の一つです。それは質の高い教材や懇切丁寧な質問対応等によるものだという噂を耳にしたため、CPAの下でならちゃんと合格できるだろう、と思いました。

CPAの良かった点

まず、テキスト・レジュメの質の高さ、並びにそれに付随する講義内容のわかりやすさが、CPAの下で学ぶ上で良かった点です。

テキスト・レジュメについては、網羅性に富んでおり、痒いところに手が届く教材で内容も申し分なく、非常に丁寧に作り上げられていました。

講義については、例え話や具体例、試験にはどう活かされるのか、試験後にはどう役立つのか等、学び、そして覚えたり活用していく上でとても参考になる内容の数々でした。

さらに、CPAの良いところは、相談システムが強いというところにあります。最近導入された、Web予約システムはとても使い勝手が良く、予約状況が一目瞭然でした。また、講師やチューターとの実際の相談についても、懇切丁寧にこちらがわかるまで付き合い、スマートに解決してくれたので、とても好印象でした。

公認会計士を目指した理由

公認会計士試験を合格した後、多くの人は監査法人への就職を考えると思うのですが、私はそこで行われる「監査」という業務形態に心惹かれたため、公認会計士を目指しました。

「監査」のスキルを身につけることで、公認会計士ならではの専門性を手に入れることができ、それを以て各ビジネス界の上位層(CEO等)の方々と対等に対話が行えるということを公認会計士を志した当時に知りました。そして、普通に一般就職をして会社員として働く際と比較すると、とても魅力的に感じました。

また、自分の性格が、「教えたがり」というもので、自分の知識や経験等を共有することで、共有した相手に喜ばれるということに嬉しさを見出す気質だと感じています。監査は批判的・指導的機能を発揮していく仕事なため、自分の性格にも合った業務形態なのかなと思い、心惹かれました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

現在、公認会計士としての人材は不足気味であり、売り手市場であるというのが実情です。新型コロナウイルスの情勢により、就職難民が出る中で、このような市場はあまりないため、目指す価値はあると思います。

また、「転職をしやすい」というのが当資格の強みであるので、これからの人生を豊かにしていくためのキャリアプランの礎として、魅力的だと思います。

そのような魅力ある当資格を手に入れるために、手厚いサポートをしてくださるのがCPAの強みですので、ぜひCPAを信じて学習してください。応援しております。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する