1発
合格

デジタル学習コンテンツが充実しており柔軟な学習計画の設定ができた ---坂田 樹さん

CPAを選んだ理由

サムネイル画像

私は大学でも体育会で部活動を続けていたので、効率の良い学習をする必要がありました。その時、CPAのパンフレットを大学の生協で見つけ、デジタル学習コンテンツの充実度に魅力を感じました。これがあれば部活動で時間がない中でも、通学時やちょっとした隙間時間を有効に活用することができると感じたからです。

部活動がない日は、終日CPAの自習室で学習したりライブ講義を受け、部活動がある日は学校の図書館で学習するなど柔軟な学習計画の設定が可能となりました。

また、高い合格率も決め手の一つとなりました。予備校の合格率が高いとはいえ、最終的には自分自身がどれだけ頑張るかではあります。ただ、合格率が高いということは、自分が受講生の中で上位何%に入ればいいんだというモチベーションにも繋がり、講義・テキストの質も高いのではないかと思いました。

実際に講義とテキストの質はとても高く、入校して良かったと感じました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は色々な講師の講義をWeb上で見られる点です。このようなシステムが整っていることで、科目ごとに自分に合った講師を選ぶことができ、ストレスなく学習を進められました。

私は実際、科目ごとに受講する講師を選び、それ以外の複数の講師の講義をつまみ食いしながら学習を進めていました。1つの論点をとっても教え方は三者三様なので、自分の理解が浅いところは別の講師の講義を受ければ解決されるというのが多々ありました。

また、Webテキストもとても重宝しました。私はiPadを使って学習を進めていたので、WebテキストをPDF化して取り込むことが出来ました。これでさらに効率の良い学習が可能となりました。もしiPadを使わない場合でも、出先で簡単にテキスト等を閲覧することができ、とても重宝すると思います。

公認会計士を目指した理由

私は高校まで部活動と学習の両立を頑張ってきたので、大学でも何か学習面でチャレンジできることはないかと探していました。その際、親の紹介で公認会計士という職業を知り、公認会計士試験は学習の部分で十分チャレンジする価値があるものだと思い学習を開始しました。

もう一つの理由は、私が内部進学だということです。他の大学生とは違い、大学受験をしなかった分、何か自分にとっての武器を身につけたいと思いました。その点、公認会計士はいわゆる簿記の科目以外にも法律、税金、経営などたくさんの専門分野を学ぶことができ、自分にぴったりだと思いました。

ただ、こんなもっともらしい理由を書いている私も最初は直感で学習を始め、正直なところあまり公認会計士についてよくわかっていませんでした。しかし学習が進むにつれてどのような仕事をするのか知ることができ、さらに学習への意欲が湧き、のめり込んでいきました。

今、学習するか迷っている人がいたら、是非一歩踏み出して欲しいなと思います。

学習を継続させるコツ/苦手科目の克服方法

学習を継続するコツは苦手な科目を無くすことです。そんなこと不可能と思うかもしれませんが、得意になる必要はありません。とにかく嫌いな科目を作らず、好きになることです。そうすれば学習が苦痛でなくなり継続していくと私は思っています。

好きになるきっかけは人それぞれだと思うので、工夫をして頑張って好きになってみてください。 その他にも自分の気持ちをコントロールすることが大切だと思います。

とにかく長丁場の試験ですから、オンとオフを使い分けながら自分の気持ちをうまくコントロールしつつ学習を進めていってください!

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

どの予備校でも自分の努力次第では合格できると思います。しかしCPAにはたくさんのシステムが整っており、様々な状況に置かれている受講生それぞれにフィットする学習プランを提供してくれます。それは予備校選びで欠かせない部分だと私は思います。

公認会計士試験は学習期間が長いので心が折れてしまう時もあるかもしれませんが、そんなときは講師やチューターに相談しながら、自分のペースで着実に前進し合格を勝ち取ってほしいと思っています!がんばってください!!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する