1発
合格

CPAには公認会計士を本気で目指す方を全力でサポートしてくれる体制が整っています ---大木 美裕さん

CPAを選んだ理由

もともと高校生の時に、学校の近くで配布していたティッシュを手に取ってCPAのことを知り、それをきっかけに公認会計士という職業に興味を持ちました。

巡り合わせを大切にしたいと考えていたので、公認会計士を目指すならCPAにしようと思い話を聞きに行きました。
そこで、私の通う大学の合格者数のシェアが1位であるということや、合格実績の伸びが著しいこと、学習の進捗が遅れても都度サポートしてくれることなどを知りました。

合格するためには、自分自身が予備校を信じて学習を継続できるかが大切だと思っていたので、信じて学習を続けられると思えたCPAを選びました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、主に2つあります。

1つ目は、質問のしやすい環境が整っているところです。受講生専用サイトから質問のメールや電話ができるのはもちろん、Twitterを活用している講師もいたため、そこからも質問できました。私は基本的に自宅で学習していたので、対面では相談できない環境下でしたが、このサポート体制のおかげで分からない箇所を適宜解決できました。

2つ目は、テキストの質が高かったことです。テキストには論点ごとに重要性が記されていたため、論点の量が膨大でも強弱をつけて学習を進められました。また、出題可能性のある論点について網羅的に記されていたため、テキストに書いてあることを理解できていれば受かるという安心感がありました。

質問のしやすい環境・テキストの質の高さが、CPAに対する信頼につながり、自信を持って学習を進められたように思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、大学生活の中で何かに挑戦したいと考えたからです。

大学生活は4年間あり、何もしないで過ごすにはもったいないと感じていました。そんな中、公認会計士という資格に出会い、取得すればスペシャリストとして多様な場で活躍できるということや、結婚や出産してもキャリアを継続しやすい職業であるということを知りました。スペシャリストとして長く働いていきたいと考えていたので、公認会計士という資格にとても魅力を感じました。

合格には相当な学習時間を要するとも知りましたが、挑戦することで自分自身を成長させられるのではないかと考え、チャレンジしてみたいと感じました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士試験に合格するまでには膨大な学習時間を要すので、プライベートを犠牲にすることも多くあると思います。しかし、その分得られる知識は多く、継続力や忍耐力が付くという点で人間的にも成長できます。また、合格できれば、安定した収入を得られるだけでなく将来の選択肢も大きく広げられます。

公認会計士は非常に魅力的な資格だと思いますので、ぜひ本気で目指してほしいです。

CPAには公認会計士を本気で目指す方を全力でサポートしてくれる体制が整っています。ぜひCPAを頼って公認会計士を目指してみてください。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する