講師の献身的なサポートのおかげで、安心して学習に打ち込めました ---塚田 淳矢さん

CPAを選んだ理由

会計士業界に詳しい親の知り合いの方から公認会計士試験を目指すならCPAが良いと言われ、CPAを知りました。
その後、CPAにお話を聞きに伺ったのですが在学中に合格できる可能性がとても高いことやWeb講義システムが充実しており自分の好きなペースで講義を受講できたり、学習スケジュールの自由度が高いことを知りとても感動しました。
お話を聞いてCPAに入れば絶対に合格できると思ったのですぐにCPAに入塾しました。また、CPAの早稲田校、水道橋校が家や大学から通いやすかったのも大きな理由です。

CPAの良かった点

私が1番お世話になったシステムはチューター制度です。
講義を一度聞いても理解できないところをすぐ聞くことができる点、合格者がどのように学習しているかを知ることができる点、年が近くとても話しやすい点、受付の方に一言伝えればすぐに質問できる点はとても受講生としてありがたいと思いました。仕事をしている姿がとてもカッコよく、私もチューターになりたいと強く思えたことがとても良いモチベーションになりました。 また、講師の献身的なサポートもかなりありがたかったです。講義準備、答練・テキスト作成等で大変な中、いつでも学習相談に乗ってくれるので、安心して学習に打ち込めとてもありがたかったです。
また、デジタル学習コンテンツが充実しているところもかなり良かったです。大量のテキストを持ち運ぶのは難しく、答練も大量にあるので管理するだけで一苦労ですがWebテキストを使えばiPadで簡単に管理できました。他にもWeb短答対策問題集等、学習に役立つツールばかりでとても効率的に学習できました。
また、CPAの職員の方々と話したことは無かったですが、お仕事をされている姿を見ているだけで尊敬できる方ばかりで、絶対に恩返ししたいと思えたのもCPAならではの良いところだと思っています。講師・チューター・職員の方々と受講生の距離が近く、「受講生のためにこんなに頑張ってくれているのか」と感じられる様々なサービスがCPAの1番良いところだと思っています。

公認会計士を目指した理由

高校の進路相談で将来就きたい仕事が思い浮かばず、一般的な就職活動を経て企業に就職できる自信もなかったため資格を取得しようと思ったことがきっかけです。
また、大学も推薦で進学したため学生時代を真剣に学習と向き合わずに終えることに恐怖心を抱き、しっかり努力しなければ合格できない試験に挑戦しようと考えました。その際どのような資格があるか調べたところ、公認会計士なら在学合格者も多く、数学は苦手ではなかったので自分でも合格出来るかもと思い挑戦しようと思いました。
周りに公認会計士の知り合いはおらず、学習を開始してもなおどのような職業なのかイメージはできていませんでしたが、将来的に安定している職業であることは理解していたので公認会計士を目指しました。

学習を継続させるコツ/苦手科目の克服方法

「学習を継続させるコツ=モチベーション=学習を継続したほうが自分にとって有利になる理由」というイメージです。
多くの人にとって学習は辛いものだと思うので、学習が自分にとって有利だと感じない人は、学習を継続するのが難しいと思います。ですので、私は学習を継続すれば自分にとってどんな良い影響があるかをたくさん見つけるようにしました。安定した職に就ける、お金で困らない、チューターさんになれる、CPAの講師・職員に恩返しができる、知り合いに自慢できる等、合格したい理由の数を増やすことが重要だと思い、交流会等色々なイベントに参加しました。
苦手科目の克服方法は、学習方法を講師・チューターに聞き様々な情報を仕入れ、その中から自分に合った方法を見つけることです。
例えば、1日を苦手科目から始め、その日に設定した目標を達成するまで他の科目に手をつけないようにしていました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

CPAには、合格のために必要なシステムが揃っているので受講生の方がどれだけ遠慮なく利用するかがとても大切です。
私も最初は講師・チューターに質問しに行くことが恥ずかしかったり遠慮してサービスを使いきれていなかったのですが、「積極的に使おう」と決めてから成績が伸びました。
学習が辛くなる事もたくさんあるとは思いますが、頑張ってください!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する