サポート体制が優れているため、長期的な目標の中での軌道修正を容易に行うことができ、合格できました ---中澤 崚雅さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は主に2つあります。
まず1つ目は選択肢が幅広い点です。何らかの予定によって仮にライブ講義を受けられなかったとしても、後から配信講義を受講することができます。また、1つの科目につき複数の講師が存在しており、各自の状況や相性に沿った講義選択が出来る点も非常に魅力的であると感じました。
2つ目はサポート体制の手厚さです。CPAはチューターの質問対応が整っているため学習する上での疑問点をすぐに解決することが出来ます。また、答練返却の迅速性から学習上の問題点を洗い出し、学習の計画を立てやすくなっています。このように学習を行う上でのサポート体制が優れているため、長期的な目標の中での軌道修正を容易に行うことが出来ます。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は主に3つあります。
まず1つ目は、受講者数が多い点です。答練や模試において多くの受講者がいることによって全体から見た自分の立ち位置を把握することが出来ます。また、多くの人が使用するテキストや答練を使用することで、他の人が出来ている所を落とさない学習方法が可能です。
2つ目はテキストの質が優れている点です。CPAのテキストは全体として理解を重視しており、本試験の直前期にはスムーズに暗記のフェーズに移ることができ、暗記にかかる負担を最小限に抑えることが出来ました。
3つ目は自習室の設備が整っていることです。自習室は予約が不要でwifiも整備されていたため、自宅で集中出来ない時に重宝しました。

公認会計士を目指した理由

大学在学中に何か大きな目標を成し遂げるという経験をしたかったからです。
公認会計士試験は三大国家資格と呼ばれ、医師国家試験、司法試験に並ぶ非常に難関な国家試験であるといえます。したがって、並大抵の努力や学習量では合格に至ることは出来ません。現に私も全力で取り組んでようやく合格を勝ち取ることが出来ました。しかし、その過程で論理的思考力や問題解決能力、メンタル管理能力等、様々な能力を獲得したこともまた事実です。よってこの試験に挑むことの魅力は単に専門的な知識を身に付けるという点のみならず、その過程において人間的にも大きく成長できる点です。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

試験というものは水物であり、時には運によって運命を大きく左右されてしまうことが多々あります。しかし、それと同時に運を理由に出来なかった言い訳をすることも出来ません。そこで普段の学習で目指すべき目標は、実力が出し切れなかった場合でも合格水準に到達出来る実力をつけることです。したがって、運に左右されないためにはボーダーを目標にするのではなく、運による点数のブレを考慮した目標を立てるべきなのです。CPAを信じて頑張ってください。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する