1発
合格

不安な時や成績が伸び悩んだ時には、講師が真摯に受講相談に乗ってくれました ---齋藤 崇智さん

CPAを選んだ理由

簿記3級の無料講座を受講した際に初学者でもわかりやすいテキストだと思ったのと、講師がすごく親切だったので選びました。
講師が同じ大学出身であることや公認会計士資格保持者であることも決め手の一つになりました。校舎も大学の近くにあり同じ大学の人も多いので知り合いも増えやすいかなとも思いました。またいつでも質問対応がしてもらえるというサービスが非常に魅力的だと感じました。 公認会計士に合格した後のキャリアサポートも充実しているように思えたからというのもあります。CPAの教材は重要性が細かく記載されており、論点ごとにメリハリを持って勉強しやすそうだなと思いました。
以上のようなことから魅力的に感じたCPAに決めました。

CPAの良かった点

学習をしていく中でわからないことや理解できないことがたくさんありましたが、どんな些細な疑問点でも講師やチューターが快く質問対応してくれました。不安な時や成績が伸び悩んだ時には講師が真摯に受講相談に乗ってくれました。このようにCPAには講師やチューターに頼れるシステムがかなり充実しており、わからないこと、不安に思うことに対して恐怖心を持たずに学習し続けることができ、ストレスを感じませんでした。講師やチューターには学習内容だけでなく、メンタル面の部分でも大きく支えていただき、そのおかげで本試験まで気を抜かずに走り切ることができました。また、講義がどの講師も非常にわかりやすく難しい論点もしっかり理解することができ、復習する際もスムーズに学習でき、ストレスが無かったです。

公認会計士を目指した理由

大学に入学した頃に友人がCPAのパンフレットを見つけ、一緒に無料説明会に参加したことが直接的なきっかけです。
説明を聞いた後、公認会計士の仕事に魅力を感じ、なにか大学在学中に本気で取り組みたいとも漠然と思っていたので、公認会計士を目指しました。
自分の専門分野を持ってプロフェッショナルとして働く仕事に憧れを持っていました。専門分野があると友人の役に立てる機会も多いのではないかと思いやる気になりました。また資格を持っていると転職もしやすいですし、気楽に生きていきやすいかなとも思いました。難関資格である公認会計士試験に合格すればそれが成功体験となって次の挑戦への自信になるのではないかとも考えました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士試験を受ける中で学力以外の面でも大きく成長できます。
例えば結果を出す力や精神力、忍耐力、計画力、逆算力など今後の人生に役立つ多くのスキルを成長させられます。
公認会計士試験は難しい試験ではありますが正しい努力をすれば必ず合格できる試験です。
得られるものも大きいので是非全力で取り組んでほしいです。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する