1発
合格

自分のタイミングで気になることを聞けて、明確なアドバイスをいただけたので最後まで諦めず続けられました ---大塚 梨紗子さん

CPAを選んだ理由

高校の先輩でCPAに入って合格されている方が多く、大学在学中の合格率も高かったため、入るならCPA一択という気持ちが以前からありました。
受講相談を電話でした時も、講師が丁寧に対応してくださり、ここでなら親身に学習のサポートをしてもらえそうだと思いました。

また、同じ大学の人が多いため一緒に切磋琢磨しながら頑張れる仲間がいる環境で学習を進められると思いました。他にも、大学の授業後に講義があったり、試験期間中は答案練習が無かったり、大学の授業に合わせたカリキュラムになっている点も魅力的に感じました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、相談・質問制度が整っており、自分の好きなタイミングで気になることを聞くことができた点です。

学習の進捗状況があまり良くない時や漠然とした不安を抱えている時でも、講師に相談すると否定することなく必ず励ましてくださり、明確なアドバイスを頂けました。そのおかげで最後まで諦めずに学習を続けられました。また、同じ科目でも複数の講師がいるため、自分に合った講師の講義を選択したり、難しい論点は普段とは違う講師の講義を見たりして、効率的に理解し学習を進められました

また、他校に比べてテキストの内容が幅広く充実しているため、より網羅的な対策ができ、自信を持って学習に取り組めました。

公認会計士を目指した理由

私はもともと、出産や育児など女性特有のライフイベントがあっても継続しやすい仕事に就きたいと考えていました。
そのため、産休・育休後も業務復帰しやすいよう何か資格を取得すべきだと考えていた際に、私の母が税理士事務所に勤めている関係で簿記について知りました。

実際に簿記の学習を始めてみると、面白さや楽しさを感じるようになり、自分に向いている分野だと感じました。そこで公認会計士について調べてみると、女性でも働きやすいよう、ワークライフバランスの取れたフレキシブルな働き方の制度が充実していることがわかりました。

そのため簿記の知識を活かせて、かつ理想の働き方ができる公認会計士を志しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士の試験は長い期間勉強を続ける必要があり、その途中で何度も心が折れそうになることがあると思います。
しかし、そういった苦労をして取得する資格だからこそ、価値があるのだと思います。

また、何か一つのことを自分の力で成し遂げたという事実は、実際に得られる資格以上にその後の自分に自信をもたらしてくれると思います。

どうか諦めずに最後まで頑張ってください。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する