頻繁に講師へ質問をしに行っていたのですが、何一つ嫌な顔をせず、真摯に答えてくれました ---吉住 圭祐さん

CPAを選んだ理由

サムネイル画像

私が入学した頃CPAの合格実績は今に比べて少なかったですが、年々増加傾向にあり、「せっかく学習を始めるのであれば、周りのレベルが高い環境に自分の身を置きたい」と感じ、CPAを選びました。

実際、CPAの友人に恵まれて、刺激をもらいながら三年間学習を続けられました。私はさぼりがちな性格なので、彼らがいなかったら途中で心が折れていたと思います。本当にCPAを選んでよかったです。

「受験は団体戦だ」という言葉があるように、受験は個人で行うものではなく、団体戦だと思っています。

CPAの良かった点

CPAは本当にアットホームでした。私は頻繁に講師へ質問をしに行っていたのですが、何一つ嫌な顔をせず、真摯に答えてくれました。また、定期的に講師も参加する交流会が開かれていたので、受講生同士だけでなく講師とも仲良くなる事ができ、プライベートな相談にもよくのってもらいました。とても愛にあふれている組織だと思います。

今では、CPAは予備校というより学校のイメージを持っています。CPAに在籍して学習はもちろんのこと、学習面以外でも様々な学びがありました。

また、OBOGがよく遊びに来てくれたので、合格者のリアルな声もたくさん聞けてよかったです。予備校選びで迷われている方、ぜひCPAを選んでみてはいかがでしょうか。絶対に後悔はしないと思います。

公認会計士を目指した理由

私がこの資格を取ろうと思った理由は2つあります。1つ目は、手に職をつけたかったからです。近年、日本の終身雇用制は崩壊しつつあり、転職するのが当たり前の時代になってきています。つまり、誰でもリストラの対象になってしまうということです。

この資格の良いところは国から公認された資格であり、この資格を取ることで将来のリスクヘッジになり、また、将来の選択肢を広げられる資格だと思ったので公認会計士を目指しました。

2つ目の理由は、大学受験のリベンジをしたかったからです。私は現役時代に受験した大学に全て落ち、浪人してもなお、第一志望の早稲田大学に合格できませんでした。その悔しさから「また新しい目標を立てて、次こそ目標を実現したい」と思い、この資格の学習を始めました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

この資格は取得が難しいですが、それを差し引いても取得する価値があると思います。一般企業に就職すると、リストラの対象になったり、地方配属になったりしてしまいますが、この資格を取ることでそういう心配はなくなり、また、将来の選択肢を広げることができると思います。

がんばってください。応援しています。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する