1発
合格

CPAの答練は本試験で出題される問題とかなり近く、本試験対策としての完成度はかなり高いです ---服部 隆和さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は3つあります。

1つ目は、教材や答練の充実度が高いことです。CPAの教材は重要度に応じてランク付けされており、どの論点が重要で意識して学習するべきなのかとても分かり易いです。答練の解説にも重要度のランクがふられ、またテキストのどの場所を参照すればいいのかページ数が書いてあるのが魅力的です。

2つ目は、いつでもどこでも講義を受けられる環境が整っていたことです。校舎に通学できない受験生もWeb上で、通学生と同じ内容をどこでも学習できるのがとても良かったです。

3つ目は、他の予備校と比較して合格率が高く、最も勢いのある予備校であることです。公認会計士試験の学習をするにあたって、合格することは最終目標であり、その可能性の1番高い予備校にしたいと思いました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は2つあります。

1つ目は、受験生の学習をサポートしてくれる環境が整っていることです。例えば、校舎では各科目の講師やチューターが待機しているため、電話や対面にて質問して、学習中に生じた疑問点をすぐ解消することができました。また、受験生の学習状況に応じて、その人にあったカリキュラムを作成してくれるので、講義を消化できていない場合でも、試験までにどのようにして学習していけばいいか相談できたのがとても良かったです。

2つ目は、教材や答練の充実度が高いことです。CPAの教材は重要度に応じてランク付けされており、どの論点が重要で意識して学習するべきなのかとても分かり易いです。また、CPAの答練は非常に網羅的であり、本試験で出題される問題とかなり近いです。本試験対策としての答練としての完成度としては、他の予備校と比較してかなり高い水準です。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由として、主に二つあります。

一つ目は、大学在学中に大きな目標を達成したいと思ったからです。私は高校受験で附属校に進学し、大学受験を経験せずに大学に入学しました。何の目的もなく大学生活を過ごすことに危機感を覚え、学業やサークル、ゼミの中で何か大きなことを成し遂げることを決心しました。高校在学中に簿記2級を取得し、会計に興味があったため三大国家資格の一つである公認会計士を目指すことにしました。

二つ目は、公認会計士が専門性の高い仕事だからです。公認会計士試験の学習を通じて、会計及び監査を中心とした高度で幅広い専門知識が身につき、また監査という公認会計士しかできない独占業務を経験することで専門性を高めていけることに魅力を感じました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士は医師、弁護士に並ぶ難関国家資格の一つであり、試験を合格するためには多くの時間が必要となります。
学習量と比較して自分の納得できるような成績が取れない時がいつかは必ず来ると思います。

本当に合格できるかどうか不安で眠れない夜もあるかもしれません。
しかし、諦めなればいつかは合格できると信じて、チャレンジしてみてください。

「絶対に合格するんだ」という強い気持ちを持って学習を続けてほしいです。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する