自分の学習スタイルに合わせた相談方法を選べたので、ストレスなく学習できました ---橋本 和哉さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、理解重視のわかりやすい講義と教材です。
私自身、長い受験生活を乗り切る上で最も大事なことは、信用できる講義と教材を見つけ、ひたすらやりこむ事だと考えていました。その点で、CPAでは多くの講師が様々なレベルの講義と教材を提供しているので、自分に合った講義や教材が必ず見つかるはずだと思い、CPAを選びました。

2つ目は、充実したサポート体制です。
質問や学習相談は対面だけでなく電話やメールでできて、経験豊富な講師にいつでも相談できました。自分の学習スタイルに合わせた相談方法を選べたので、ストレスなく学習できました。

CPAの良かった点

まず、全科目に自分が納得して使い込める講義や教材があったのがなによりも良かったです。

人には得意科目と苦手科目があるため、全て一律の講義や教材では対応しきれない部分があると思います。しかし、CPAではレベル別に様々な講義や教材が準備されていた為、自分に適した講義や教材を見つけられました。使用している教材を作成した講師本人に、直接学習相談できることも非常に有益でした。特定の科目に限らず全体の進捗を報告・相談できる講師を見つけられたのも、バラエティに富んだ講師が在籍するCPAならではの良かった点だったと思います。

学習する上でのストレスがCPAでは少なく、本当に助かりました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は二つあります。

一つ目は、会計がビジネスマンとして活躍するための必須スキルであると感じたからです。
どのような業界に進むにしても、会計の知識がなければビジネス理解に欠けてしまうと考えていました。そこで、会計資格の最高峰である公認会計士に向けて学習することが、将来ビジネスマンとして大きく飛躍するために必要であると考えました。

二つ目は、プロフェッショナルとして社会に貢献したいと考えたからです。
会社の看板に頼るのではなく、周りと協力しながら職業的専門家としてクライアントに価値を提供できる人材になりたいと考えています。

このような理由から、公認会計士は私が思い描くキャリアを歩む上で最適な選択であると確信したため、私は公認会計士を目指しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

CPAには公認会計士を目指すにあたり必要な要素が揃っています。

どの講師も私達受講生の事を真摯に考え、親身に寄り添って下さいます。 CPAを信じて突き進めば、良い結果が出るはずです。
受験生活はとても辛く、くじけそうになることも多々あると思いますが、そういう時こそ講師や受験仲間と助け合いながら頑張って下さい!

応援しています。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する