様々な角度からの徹底した対策や充実した教材がとても良く、効率的に学習を進めることができました ---松井 理沙子さん

CPAを選んだ理由

CPAへ初めて話を聞きに行った際に講師がフレンドリーでとても丁寧に説明してくださり、働いている方の人柄の良さも大きな決め手になりました。

さらに他の予備校は学習を始めて1年目はテストや答練が無いですが、CPAは最初から定期的にあったので理解度の確認も行えるのが強みだと感じました。

CPAの良かった点

テキストを使った講義、答練、模試、コンサマなど様々な角度からの徹底した対策や充実した教材がとても良かったです。

短答式試験や論文式試験の学習法も試行錯誤しながら自分に合ったものを見つけられました。また、常にチューターが校舎にいるのでいつでも質問や相談ができ、わからない点や悩みを解消できました。不安な時に勇気づけてくれたり、就職活動でもサポートしてくれたので、とても心強かったです。先輩後輩、同期とも繋がりが強く、仲間と楽しく学習できる受講生間の雰囲気もすごく良かったです。

大学生らしい華やかな青春とは言い難いかもしれませんが、CPAで出会えた素敵な人や思い出は私にとって大切な宝物です。

公認会計士を目指した理由

私は高校1年生の時に母に勧められて簿記の学習を始めました。
計算が好きだったので楽しく学習でき、高校2年生の時に簿記2級に合格したタイミングで公認会計士の学習にシフトしました。

公認会計士という職業に惹かれて目指し始めた訳ではありませんが、面白いと感じるものに出会えたので簿記を勧めてくれた母にはとても感謝しています。就職活動を通して多くの方々からお話を聞き、公認会計士という資格を持っていても人によって携わっている分野やクライアントが全く違ったり、監査法人での経験を活かしてコンサルタントやベンチャー企業に行ったりと様々なキャリアがあり、自分のやりたいことをできるのも素敵だなと思いました。

学習を継続させるコツ/苦手科目の克服方法

カリキュラムから遅れず答練に間に合うよう学習すること、短期的な目標を決めることが大事です。
また、一緒に学習する仲間がいたことがモチベーションアップに繋がりました。

苦手科目は色々なチューターにどのように学習していたかを聞いてそれを試し、自分に合ったものを探しました。各科目のバランスが大事なので直前期は成績の良くない科目に時間を多く割いていました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

「人の可能性を広げ、人生を豊かにする応援をします」

CPAはこの言葉の通り一人ひとりに寄り添いサポートしてくれる素晴らしい資格予備校です。そして、個性豊かで温かい仲間と出会える場所です。学習の過程で心が折れそうになることもあると思いますが、最後まで諦めずに努力したら必ず結果はついてきます。何かあればいつでも講師、チューターが全力でサポートしてくれます。不安やプレッシャーを恐れずに飛び込んでみてください。

公認会計士試験合格を心から応援しています!CPAで合格を掴み取りましょう!!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する