いつも講師が暖かく今後の方針を立ててくれたので、最後までやり切り、公認会計士試験に合格できました ---御宿 叶さん

CPAを選んだ理由

私は在学中に必ず合格したかったので、予備校を選ぶ上で真っ先に優先したポイントは大学在学中の合格率の高さでした。

CPAは他校と比べて非常に合格率が高く、魅力を感じて当時オープンしたばかりだったCPA大阪梅田校の説明会に参加しました。説明会では講師がCPAのカリキュラムや学習方針についてとても丁寧に教えてくれました。図やグラフで視覚的に覚えることのできるテキストの分かりやすさもCPAを選んだ理由です。

CPAは自分の学びたいペースでカリキュラムを進められますし、サークルやアルバイトと両立したかった私にとって最適な学習方針を提供してくれたので、CPAを選びました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は主に2つあります。

1つ目は講師の温かさです。私は高校3年生の時にCPAに入校したものの、やる気が無くなり1年間学習しない時期がありました。
資格勉強を諦めかけた時に講師に相談すると、その場で温かく今後の学習方針を立ててくれました。そのおかげで最後までやり切り、公認会計士に合格できたと思っています。

2つ目は充実した質問制度です。 分からないところはそのままにせず適宜質問することで複雑な論点も自信を持って解けました。また、校舎へ質問しに行くのが難しい時には電話で対応してくれたので、校舎へ通うことのできなかったコロナ禍の間もカリキュラム通りに学習を進められました。

公認会計士を目指した理由

私は推薦で大学に入学した為、必死に学習している同級生達の背中を見て、せっかくだから私も何かチャレンジしてみようと思ったのがきっかけです。高校3年生の秋頃から時間に余裕があったので、この自由な時間を無駄にせず、何か有意義に使いたいと思い何らかの資格を取得してみようと思いました。

はじめから公認会計士の予備校へ入る勇気は無く、簿記3級を市販のテキストで取得しました。学習を進める内に自分は会計の学習に向いていると思うようになり、簿記2級を取得した後CPAへ入って本格的に公認会計士を目指すようになりました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士の資格は一生物であり、必ず人生の選択肢を広げてくれます。更に、最後までやり遂げた経験が今後の人生の自信にもつながると思います。

しかしその分合格までの道のりは決して短くなく、辛いこともあります。でも一度CPAを信じて挑戦してみて欲しいです。
CPAでは頼れる先輩や悩みを共有できる同期がきっと沢山見つかります。最後まで努力を継続すれば、試験に合格すること以外にもその人達と切磋琢磨したという貴重な経験も得られます。

CPAで一度挑戦してみてください!応援しています!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する