1発
合格

講師やチューターが親身になって相談に乗ってくれたのでしっかりと理解しながら先へ進めました ---舩倉 啓輔さん

CPAを選んだ理由

わたしがCPAを選んだ理由は2つあります。

1つ目は圧倒的な合格率です。自分が公認会計士になるためにはCPAで学習するが1番の近道だと考えました。また、公認会計士試験は合格することが非常に難しく、何回も受験している人が多いと聞いていましたが、CPAのパンフレットを見た時に、1発合格している先輩が非常に多く、私もCPAなら大学在学中に1発合格を目指せると考えました。

2つ目の理由として教材の分かりやすさが挙げられます。先輩へ話を伺った時、他校に比べ圧倒的に教材が分かりやすいと聞きました。

これらの理由によりCPAを選びました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は3つあります。

1つ目は教材のわかりやすさです。先輩に話を伺っていた通り、非常に教材が分かりやすく、スムーズに学習を進められました。

2つ目はWeb講義が充実していたことです。私の自宅から校舎までは2時間程度かかってしまったので、校舎へ通うことは非常に難しい状況でした。しかしweb講義が充実していたので校舎へ必要以上に通うことなく学習できました。

3つ目はサポートが充実していたことです。私が学習方法に迷っている時に、チューターが親身になって相談に乗ってくれました。また、講義を聞いて分からなかったところの質問も講師やチューターが詳しく説明してくれたので、うやむやなまま先に進むことなく、理解して先へ進めました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志した理由は3つあります。

1つ目は専門知識を活かした高度な職業だからです。誰でもできるような仕事ではないからこそ、非常に魅力を感じ、公認会計士を目指すことに決めました。

2つ目は日本経済への貢献度が高いからです。以前から誰かの役に立つような職業につきたいと考えていました。公認会計士は、市場の番人と言われており、上場企業は公認会計士の監査を受けなければ投資家の信用を得られません。そのため、他の職業よりも日本経済への貢献度が高いと考えました。

3つ目が自身の将来の為です。公認会計士の資格を所持していれば、将来より積極的にやりたいことにチャレンジできると考えました。

以上の理由より公認会計士を志すことを決めました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士試験は非常に難しい試験ですが、CPAは教材やサポートなど環境が非常に整っているので、諦めず最後までやり切れば必ず合格できます!

自分の生活スタイルに合わせた最適な学習方法を見つけ、計画を立て、そこから逆算して学習し、最後までやり切って合格を掴み取ってください!応援しています!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する